【ホンマでっか!?TV】 危ない親子関係 の ほんまでっか?情報

◆2011.5.4放送「ホンマでっか!?TV」より

この日のホンマでっか!?TVは、「危ない親子関係」
「ホンマでっか!?人生相談」 相談者:芦田愛菜 の2本立て

◆「危ない親子関係」をテーマに語られた情報です
・イギリス「デイリー・メール」からの情報
母親が幸せな時 子どもも幸せ 父親の幸せは子どもに関係ない!?
(生物学・池田先生)
イギリスで4万世帯の10歳~15歳の子どもを対象にアンケート調査

1.母親が幸せだと75%の子どもは幸せ!?
(生物学・池田先生)
0歳~4歳までは母親の役割が非常に重要
母親の幸せ=子どもの幸せ⇒10~15歳になっても続く
母親が不幸⇒半分の子どもは不幸と思う 父親の幸or不幸⇒子どもには関係ない
父親と子どもの関係はあくまで他人と同じような関係


2.父親は法律的に自分の子だと思っているだけ!?
(環境・武田先生)
ネズミの子どもを入れ替えた実験
ネズミの母親は、他の子どもと自分の子どもを入れ替えられた時に気付く
ネズミの母親を入れ替えた実験
ネズミの父親は、自分の子どもなのに、それに気付かず子どもを殺してしまう


3.子どもの生存率に父親の存在は関係ない!?
(医療・おおたわ先生)
ロンドンの大学がバングラディッシュで乳児時期に母親が死んだ子どもを調査
母親がいない乳児の10歳までの死亡率⇒約25倍に上昇
父親がいない乳児の10歳までの生存率⇒ほとんど差がない


4.赤ちゃん誕生前後 父親の1割はうつになる!?
(医療・おおたわ先生)
母親は、妊娠⇒体の変化等で徐々に赤ちゃんを受け入れる準備が出来る
父親には急激な変化の為、ストレスでうつになり易い
夫は妻の妊娠時期に「お腹を触る」「振動を聴く」等 一緒にいる方が良い


5.父親が子どもに愛情を抱くには乳を吸わせろ!?
(医療・おおたわ先生)
おっぱいを吸われる刺激で脳から「オキシトシン」というホルモンが出る
オキシトシンが出る⇒伸びた子宮が収縮する それだけのホルモンと思われていたが
オキシトシン⇒愛情を高めるホルモンということが分かってきた
母親は、母乳が出る出ないに関係なく吸わせるだけで効果がある
男性も少なからずこのホルモンが出ると思うので効果があると思う


6.何でも出来る父親は息子にとって危険!?
(教育・尾木先生)
子どもに対する愛情を奥さんを通して注ぐのは良い
毎日勉強を教える父親⇒7割(高学歴の人ほど高い)
勉強も出来、スポーツも得意等、何でも出来る父親を持つ男の子の場合
父親を乗り越えられず思春期に壁にぶつかり悩む男の子が多い
母親を通して愛情を注ぐなど父親は後方から支援する方が良い


7.父親を尊敬しない子どもはナルシストになる!?
(環境・武田先生)
父親という自分よりも上の存在を乗り越える事が子どもには重要
その経験が無いとナルシストとなり、社会に出て対人関係で悩む事が多い


8.あれこれ言い過ぎると75%が摂食障害に!?
(心理・植木先生)
摂食障害になる理由
人間は、自分で決めて何かをやって生きていきたいという本能を持っている
それを、ずっと抑えられていると、思春期を迎えた頃に
自分が生きている事をどうやって証明しよう?と考えるようになる
物を食べるのは自分で出来る事、吐き出すのも自分で出来る事
これで自分は自分自身をコントロール出来てる事を実験するようになってしまう
「これはダメ」「あれはダメ」と縛り付けると以外なところに出る場合がある


9.聞き分けの悪い子どもは将来成功する!?
(環境・武田先生)
自己主張する=聞き分けが悪い⇒自我が作られ成功し易い


10.先生の評価が高い子どもはつぶれ易い!?
(教育・尾木先生)
評価が高い子=先生好みの良い子
良い子を演じてきているけど、その価値観では社会で通用しない可能性が高い
そのような生徒は自分なりの価値観を形成出来ていない


11.良い子を演じると自分の良い所が書けない!?
(教育・尾木先生)
そういう子は就職活動でエントリーシートが書けなくなっている
あなたの良い所は何ですか?と聞かれても、無いので答えられない
大学2年くらいで潰れてしまうのが最終、高校でも2年ぐらいで潰れてしまう


12.母親が人生で一番怒る相手は子ども!?
(怒りコントロール・安藤先生)
母親が強い怒りを感じる相手 1位 子ども、2位 夫、3位 職場の同僚
なぜ強い怒りを感じてしまうのかというと
母親は「自分の子は絶対に私の言う事を聞く」という想いが強いから
その為、言う事を聞かないと子どもに強い怒りを感じ易い


13.子どもを怒る時は自分を主語にして怒れ!?
(心理・植木先生)
【子どもが反抗しやすい怒り方】
社会通念的におかしい、「普通こうするべき」と怒ると子どもは反抗しやすい
もっと悪い事をしてやろうと考え、いわゆる不良になってしまう
【子どもが反抗しにくい怒り方】
それをやると「お母さんは悲しい」という叱り方をする
主語を自分にし形容詞を付けて叱るると相手に伝わる
【アメリカ人の怒り方】
I don't like it(お母さんそういうの嫌)と言って子どもを叱る


14.アメリカでメイクをする子どもが増加し大問題!?
(セレブゴシップ・大柳先生)
過保護な親が増えてきているのが原因、典型的な例がトム・クルーズ
娘のスリ・クルーズに全身ブランド物を着せ、ハイヒールを履かせた事が問題に
トム・クルーズの家では、子どもにNOと言わないというルールがある


15.トム・クルーズは子どもの洋服代に1億円使用!?
(セレブゴシップ・大柳先生)
子どもがオシャレをしたり、メイクするのがメディアでも取り上げられ
一般家庭にも浸透し子ども向けの化粧品が夏から全米で発売予定


16.親が口を出し過ぎると子どもは嘘つきになる!?
(教育・尾木先生)
親が口を出し過ぎると子どもは慣れて親の注意に耳を貸さなくなる
更にその場しのぎの嘘が多くなり、親子関係が上手くいかなくなる


17.3歳までに怒り方を覚えないと将来怒れない!?
(怒りコントロール・安藤先生)
子どもは3歳までの間に様々な感情表現を親からコピーする
良くない怒り方⇒一方的・怒鳴る・相手の話を聞かない
子どもが100%悪くても、子どもが何でそうかを聞いてあげないとダメ


18.子どもはキツく怒ると怒られた理由が分からない!?
(怒りコントロール・安藤先生)
怒る⇒何かを伝えたい感情表現 強い怒り方が伝わると思われている
強く言われると子どもはそこで引いてしまい、何で怒られているのか理解出来ない
丁寧に何が問題なのか理由を伝える事が重要

(心理・植木先生)
怒るタイミングが問題
泣く・恥を感じる・後悔⇒子どもは心理的に罰を受けている
悪い事をしたと分かってない場合、その事に対して怒らないといけない


関連記事
[スポンサーリンク]

Tag:ホンマでっか!?TV 危ない親子関係

0 Comments

Post a comment