【ホンマでっか!?TV】 すぐ出来る体質改善 の ほんまでっか?情報 - 芸能人の愛用品!お取り寄せ

芸能人の愛用品!お取り寄せ ホーム » テレビ番組の情報>『ホンマでっか!?TV』 » 【ホンマでっか!?TV】 すぐ出来る体質改善 の ほんまでっか?情報

【ホンマでっか!?TV】 すぐ出来る体質改善 の ほんまでっか?情報

◆2011.5.11放送「ホンマでっか!?TV」より

この日のホンマでっか!?TVは、「すぐ出来る体質改善」について語られ
後半は、「ホンマでっか!?人生相談」 相談者:芦田愛菜の続編でした

◆番組前半「すぐ出来る体質改善」で語られた情報です
・アメリカ「ユタ大学」からの情報
赤いサングラスをかけると頭痛の頻度は74%減少!?
(医療・おおたわ先生)
赤系のレンズのサングラスを付けると頭痛の頻度が74%減少
逆に青系のサングラスだと頭痛の頻度が22%増加してしまう事が分かった


1.青色系サングラスは頭痛頻度22%増加!?
(医療・おおたわ先生)
太陽の光や蛍光灯の光など眩しい光が頭痛の原因とされている
赤系レンズは眩しい光を一番カット出来、青系は光を通してしまう
赤色に近いオレンジ色のサングラスでも頭痛の頻度減少に効果的




2.街灯を青にすると痴漢が減る!?
(脳科学・澤口先生)
青色は警戒色の為、犯罪を抑止出来る

(軍事・テレンス先生)
青⇒沈静作用がある 赤⇒食欲増進など興奮作用がある
青色は人の心を落ち着かせ痴漢犯罪率を下げる


3.罵声を発すると痛みに耐えられる!?
(医療・おおたわ先生)
イギリスの大学の実験 冷水に手を入れてどれくらい我慢できるか
優しい言葉を発するよりも罵声を発する方が長い時間我慢出来る事が分かった
言葉で痛みを我慢出来る時間が変わる
子どもが痛くて泣いてる時に「痛くない痛くない」と言っても効果は無いが
子どもに言わせるように母親が言葉を誘導するのも効果的
痛みに対して攻撃的な言葉が効果的⇒「痛さと戦っていこうぜ!」


4.「痛い!」と言った方が痛みは少ない!?
(軍事・テレンス先生)
我慢せずに「痛い!」と発すると痛みに耐えられる


5.言葉を全く発しない方が痛い!?
(軍事・テレンス先生)
タオルなどを口に入れ痛みを我慢させるシーンがドラマ等にあるが、あれは余計に痛い
野戦病院などでは麻酔が無い時「痛い!」と叫べと実践されている

【PR】叫びの壷


6.女性は産後 痛みに強くなる!?
(美肌評論家・森 智惠子先生)初登場
女性はお産があるので痛みに強い、産後は注射の痛みも平気になる人が多い
傷口をちょっと縫う場合も女性は我慢出来るが、男性は無理


7.出産時 足を温めると痛み軽減!?
(美肌・森先生)
足湯⇒足の血流良好⇒下半身の筋肉が緩む⇒痛み軽減
内くるぶしから指3~4本分くらい上にある「三陰交」というツボがあり
そこにお灸をすることで痛みを軽減する事が出来る


8.痛みに敏感な人ほど長生きする!?
(生物学・池田先生)
遺伝的に痛みをあまり感じない人もいる⇒短命の可能性がある
そういう人は痛みを感じない為、身体に与える負担が大きい
痛み⇒苦痛な行為を制限する為の重要な感覚


9.凶悪犯になる人は痛みを感じない人が多い!?
(環境・武田先生)
自分が痛みを感じない為、人をたやすく傷付けてしまう事がある


10.体の痛みが分かる人は心の痛みも分かる!?
(脳科学・澤口先生)
「痛み神経回路」⇒体の痛み=心の痛み=同情・社会強調
この3つは繋がっている、この回路は子どもの頃に作られるものなので
体の痛みを感じなかった子⇒人の心の痛みを感じない&社会協調性が少ない


11.痛みが分からない子は社会協調性が少ない!?
(脳科学・澤口先生)
子どもに体罰を与え痛みを与えるのでは虐待になってしまうのでダメ!
子ども同士がするケンカ程度の体の痛みが適度


12.早い呼吸をすると落ち込み解消!?
(スポーツ心理学・児玉先生)
サイキアップ(=集中力アップ)というスポーツ心理学ののテクニック
小刻みに早い呼吸をすると落ち込んでる人の解消になる


13.寝起きの悪い人は「アッ!」の呼吸で解消!?
(スポーツ心理学・児玉先生)
児玉先生の奥さんはこの方法で寝起きの悪さが解消されたらしい


14.偏頭痛予防には顔の筋肉を持ち上げろ!?
(美肌・森先生)
ヘアバンドで目の周りの筋肉を上げる⇒偏頭痛予防
ヘアバンド使用で目の周りの筋肉の負担が減少する
他にも ①顔のたるみ改善 ②眼精疲労予防 ③シワ予防 の効果がある 


15.地中海料理を食べると長生き出来る!?
(スポーツ心理学・児玉先生)
イタリア・フィレンツェ大学の150万人の調査⇒地中海料理を食べると長寿に
地中海料理を食べてる人⇒認知症が13%減少


16.オリーブ油は長寿の源!?
(スポーツ心理学・児玉先生)
フィレンツェ大学の教授が調べたところ、オリーブオイルが良い事が分かった
オリーブ油に加え、赤ワインも健康を促進する


17.野菜ジュース+オリーブ油=100歳まで長生き!?
(スポーツ心理学・児玉先生)
聖路加国際病院の名誉院長である日野原先生が毎朝飲んでいるジュース
野菜ジュース+オリーブ油大さじ1杯


18.長生きの秘訣は粗食!?
(脳科学・澤口先生)
高カロリー郡より低カロリー(粗食)郡は⇒①若く見える ②長生きする


19.オリゴ糖を摂取するとアレルギー体質改善!?
(生物学・池田先生)
日本人が長寿の理由⇒歳をとっても偏らない食事をしているから
そして、いかにアレルギーを起こさないように腸内の細菌叢を整えるかが大事
肉ばかり食べているのはもちろんダメで
ヨーグルトが良いとされてるが、ヨーグルトでは腸まで中々届かない
アレルギーの抑制には善玉菌に栄養を与える事が重要
ショ糖・ブドウ糖⇒善玉菌の餌にならない
オリゴ糖(根菜・大豆)⇒善玉菌の餌になる




20.バランス良い食事は大好物を注文しない!?
(環境・武田先生)
人の選んだ料理⇒自分の好物でない為、偏食にならない
人の味覚は差(比較)で生じるので美味しいものばかりだと感激が薄れる
不味い物の後に好物を食べる⇒その味の差が美味しさの感激になる


21.醤油に花粉症軽減効果あり!?
(脳科学・澤口先生)
アレルギー体質改善には醤油が良い。花粉症軽減にも醤油が良いとされている
大豆等を発酵させて作る醤油に含む成分が花粉症を軽減する


22.おふくろの味で孤独が癒される!?
(脳科学・澤口先生)
親しみのある料理(おふくろの味)を食べると寂しさが軽減する


23.ジョギング前の筋トレが脂肪燃焼に効果的!?
(スポーツ心理学・児玉先生)
筋トレ(3~5分)の後の有酸素運動⇒5~10分で脂肪燃焼する


24.10分×3回の有酸素運動で脂肪燃焼!?
(スポーツ心理学・児玉先生)
1日累積30分の有酸素運動で脂肪燃焼する
連続して運動しなくても累積で脂肪燃焼する事が最近の論文で発表された


25.有酸素運動前にコーヒーを飲むと脂肪燃焼!?
(軍事・テレンス先生)
コーヒーは肝機能や脂肪分解の働きを助ける


26.コーヒーは認知症予防に効果的!?
(脳科学・澤口先生)
脂肪燃焼の運動で脳がより良くなる事が分かってきている
コーヒーにも認知症予防効果があると言われている

(軍事・テレンス先生)
コーヒーの香り⇒ストレス緩和効果もあり


27.太っている人はIQが低い傾向あり!?
(脳科学・澤口先生)
体を絞る⇒脳の効率が良い ので太っていると脳にはマイナス


28.1日3杯のコーヒーで乳がんリスク低下!?
(医療・おおたわ先生)
コーヒーを1日3杯以上飲む女性の乳がんの発症率が低いのはハッキリ出ている


楽天最安値に挑戦!?CMで話題のネスカフェ バリスタ


29.1日12時間のブラで乳がんリスク25倍の可能性!?
(脳科学・澤口先生)
ブラを1日24時間着用⇒乳がんリスク125倍の可能性あり
我々から見るとレベルの低い論文だったので信憑性は低いが根拠はある
体を締めつけるとリンパ腺が働かず免疫力低下の可能性あり

(生物学・池田先生)
あまり気にする必要はない
乳がんには様々な原因がある⇒1つの要因で発症するものではない


30.アジア人は色素沈着症になり易い!?
(美肌・森先生)
美肌には何も付けない方が理想的

関連記事


コメント
非公開コメント