【ホンマでっか!?人生相談】 相談者:内山信二 - 芸能人の愛用品!お取り寄せ

芸能人の愛用品!お取り寄せ ホーム » テレビ番組の情報>『ホンマでっか!?TV』 » 【ホンマでっか!?人生相談】 相談者:内山信二

【ホンマでっか!?人生相談】 相談者:内山信二

◆2011.6.22放送「ホンマでっか!?TV」より

この日のホンマでっか!?TVは、前半は「夏までに出来る体作り」をテーマに語られ
後半は「ホンマでっか!?人生相談」相談者は内山信二さんでした

◆番組後半「ホンマでっか!?人生相談」で語られた情報です
今回の相談者は、タレント 内山信二
明石家さんまとの付き合いが24年という彼の悩みとは!?




内山信二の悩み
「明石家さんまの前だと極度に緊張する」

内山信二は、今年30歳
6歳の時「あっぱれさんま大先生でデビューし、さんまさんとは24年の付き合い
「さんまさんの前にでるとダメなんです!」
小学生の時にある事があって、それからダメになった

小学校4年生の時、さんまさんとお話ししていた内山君
「内山、お前の話は長いわりにはオチないな~」と言われた
内山「10歳の子にですよ!?」
10歳の子どもに対して本気の顔して大人が怒ってくる
それいら、さんまさんの前ではオチがないと喋っちゃいけないんだと思ったという

(環境・武田先生)
さんまさんや世間のお母さんのしかり方は前半だけしか言っていない
オチがない⇒オチをつけろ のろまだ⇒素早くやれ
注意する時に最後まで言わないと子どもはそのまま受け取る傾向がある

内山「さんまさんの嫌いな言葉が2つある」
さんま「なんや!」
内山「うわあああぁ」
内山さんは、さんまさんの「なんや!」と「もうええ!」がとても怖い


(スポーツ心理学・児玉先生)
多分その恐怖は、さんまさんが死ぬまで無くならないと思う
昔、ジョン・ワトソンという心理学者がやった実験では
幼少期に感じた恐怖心は無くならない事が証明された

(生物学・池田先生)
内山さんの悩みは、偉大な親父に抑圧されている息子に似ている
一番簡単なのは、その親父が死んでしまえばいい(笑)
それを待つわけにもいかないので・・
偉大な人の前で平常心を保つには、相手にも普通な一面があると認識する事

(教育・尾木先生)
これはもう、“サンコン”ですよ。さんまさんへのコンプレックス⇒サンコン
内山さんは、さんまさんのようになりたいと思っているみたいだが
さんまさんを目指すのはやめた方がいい

(心理・植木先生)
さんまさんにコンプレックスを持っているというのが端的な言い方だと思う
コンプレックスの定義というのは、大好きだけど苦手

内山「さんまさんに言われて色々考えだしてから、笑いの神が降りなくなった」
(心理・植木先生)
想定し過ぎると軌道修正に頭を使い本来の力が出にくくなる
緊張する時ほどあまり考えずに臨んだ方が上手くいきやすい

(軍事・テレンス先生)
緊張感の高い職種の人は、セックス依存症になりやすい
プレッシャーに打ち勝つ為には程好い緊張感が必要⇒性欲を抑えれば良い

(健康管理・川田先生)
120%の実力を出す方法は、いくつかある
男性⇒「俺は男だ」と意識する=良い成績
女性⇒「私は優秀」と意識する=良い成績

例えば、徒競走を走る前に老人の話をすると走るのが遅くなってしまう
自分が行う行動に対するマイナスのイメージを持つと上手くいかない
理想のイメージを思い浮かべると上手くいきやすい

(スポーツ心理学・児玉先生)
イメージトレーニングで恐怖を取り除く方法
上空から見た小さな自分をイメージ⇒緊張や悩みが解消されやすい

(健康管理・川田先生)
恐怖心があると頭がストレスで抑圧されて上手くいかない事が多い
そういう状態を克服するのに“脱感作療法”がある
脱感作療法⇒徐々に苦手な物に接していく、アレルギー等の克服法
この方法で高所恐怖症が治る事もある
【高所恐怖症の治し方】
① 2階からの写真、3階からの写真と徐々に階数を上げた写真を見せる
② 実際に写真の場所へ行き、低い階数から体験させる

関連記事


コメント
非公開コメント