【ホンマでっか!?人生相談】 相談者:黒沢かずこ ネガティブに考えてしまう - 芸能人の愛用品!お取り寄せ

芸能人の愛用品!お取り寄せ ホーム » テレビ番組の情報>『ホンマでっか!?TV』 » 【ホンマでっか!?人生相談】 相談者:黒沢かずこ ネガティブに考えてしまう

【ホンマでっか!?人生相談】 相談者:黒沢かずこ ネガティブに考えてしまう

◆2011.11.23放送「ホンマでっか!?TV」より

この日のホンマでっか!?TVは、前半は「危ない病気の兆候」をテーマに語られ
後半は、「ホンマでっか!?人生相談」相談者は黒沢かずこさんでした

◆番組後半「ホンマでっか!?人生相談」で語られた情報です
今回の相談者は、森三中 黒沢かずこさん
その明るいキャラクターの裏に隠された深刻な悩みとは!?



黒沢かずこの悩み
「物事を何でもネガティブに考えてしまう」

家で過ごす時は大体マスクをしていて、寝る時もマスクをしたまま寝る
それは、家中にホコリがいっぱいあると考えてしまうから
ダニの死骸もここにはいっぱいあるんじゃないかと考えてしまう

(心理・植木先生)
考える事を紙に書いてリストにしておいて、その日は寝てしまう
⇒翌日その8割が考えるに値しないという結果になる

(脳科学・澤口先生)
考えすぎる性格は研究者・学者向き 問題に関してはイメージング法が凄く良い
がん細胞を倒すイメージをしただけでがんが治った事例がある
イメージを変えれば気にならなくなる

(生物学・池田先生)
頭の中で自分の想念が外に出なくて自分の頭の中で回っちゃう
そういう回路に入ってしまうと中々抜け出せない、抜け出すには誰かに言う事が必要
仲の良い人に話して考えをアウトプットすると思考が改善され易い

(軍事・テレンス先生)
黒沢さんの症状は戦争後遺症の症状とまるっきり一緒
極端な外的圧力があった人はネガティブな思考に陥りやすい
戦争後遺症の治療方法で旅行がある
知らない街での新鮮な経験は心に希望と安定をもたらし病状を和らげる

(スポーツ心理学・児玉先生)
黒沢さんは、自分に語りかける言葉(セルフトーク)がネガティブなのがいけない
自分で自分を励ますセルフトークを唱えると良い
自分で自分を励ます事で不安が消え自信が沸いてくる

(教育・尾木先生)
日常の中での小さな成功体験の積み重ねが大きな自信に繋がる

(生物学・池田先生)
「知らない事をするのが怖いんでしょ?」
黒沢さん号泣「知らない事するの怖いです」

知らない事は怖いけど、無理してやる事で突破口が開ける
男性に惚れると直る可能性が高い⇒ただし極度のマゾにされ易い

(脳科学・澤口先生)
現在の性格を否定せずに個性として肯定すると直り易い
「一方では不向きだが一方では向いている」と全面的に変換する事が大事
一点突破主義というのもある、ある問題だけに意識を集中させる
黒沢さんの場合は、ダイエットが良いと思う
ダイエットを努力する人は、長生き+脳の働きが良くなる
炭水化物+トリプトファン=セロトニン分泌⇒不安な症状を抑える効果がある

(生物学・池田先生)
脳は末梢の奴隷なんだよね。脳は王様みたいに思われるが手や足などの末端の奴隷
ダイエットなどで先に体を変えると後に脳が変わってくる

【PR】

すべての答えは、自分の中に眠っている
「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース

関連記事


コメント
非公開コメント