【ホンマでっか!?TV】 驚きの最新治療のほんまでっか?情報 - 芸能人の愛用品!お取り寄せ

芸能人の愛用品!お取り寄せ ホーム » テレビ番組の情報>『ホンマでっか!?TV』 » 【ホンマでっか!?TV】 驚きの最新治療のほんまでっか?情報

【ホンマでっか!?TV】 驚きの最新治療のほんまでっか?情報

◆2012.2.1放送「ホンマでっか!?TV」より

この日のホンマでっか!?TVは、前半は「驚きの最新治療」をテーマに語られ
後半は、「ホンマでっか!?人生相談」相談者は高嶋政宏さんでした

◆番組前半「驚きの最新治療」で語られた情報です
東京大学からの情報
スプレーするだけでがん細胞が光る薬がある!?
(医療・おおたわ先生)
この薬は、まだ研究段階。ただ、もうすぐそこまで来ている
がんの再発・手術中の見落とし防止策⇒がん細胞を光らせる方法を研究
これまで光るまでに時間がかかるなど実用的ではなかったが
この度、手術中に使うと約1分間でがん細胞が蛍光色を発する薬が開発された


1.がん細胞だけが蛍光色を発する!?
(医療・おおたわ先生)
手術中、開腹している時に使いがん細胞が蛍光色を発する⇒がんの見落としを防ぐ
がんは特別な酵素活性があり、正常の組織と違う酵素を持っている
がん細胞では「GGT」という酵素の活性が増強⇒肝臓がん 乳がん 卵巣がん 子宮頚がん
試薬をスプレーすると約1分でがん細胞が緑色に光る


2.近い将来がんは手術しないでも治る!?
(生物学・池田先生)
費用は高くなるが陽子線治療・重粒子線治療という治療法がある
大きな機械の中に入り色々な角度からがん細胞に重粒子線を当ててがん細胞を潰す


3.がん細胞だけを狙う治療法がる!?
(生物学・池田先生)
前立腺・脳・骨・すい臓など体の探奥部にあるがんに効果的な治療法
胃や肺など動いてる臓器のがんには使えない


4.がん治療後すぐに帰宅出来る治療法がある!?
(生物学・池田先生)
陽子線治療・重粒子線治療は、体を切らずにがんを治療する方法
治療後その日に帰れる場合もある
【重粒子線の治療法】
がん細胞を正確に測定しその形に合わせたフィルターを通して照射する
がん細胞の部分だけにエネルギーを最大に放出し狙い撃つ事が出来る⇒がん消滅


5.がん治療前に卵巣を摘出する方法がある!?
(環境・武田先生)
女性ががんで放射線治療した場合、放射線に弱い卵巣がやられてしまう
健全な卵巣を持っているのにがんの治療で不妊になってしまう可能性が出てくる
これを防ぐ為にがん治療をする前に卵巣を摘出する治療法がある
卵巣を摘出し凍結保存⇒がん治療後に移植する
この治療法は閉経前で卵巣に異常のない女性が対象、誰でも受けられるレベル
(保護者の同意で未成年でも可能)


6.光を当てるだけでがんが治る!?
(再生医療評論家・田畑泰彦先生)初登場
【がん光化学療法】がん細胞に特殊な色素を入れ光を照射する治療法
特殊な色素は光が当たると活性酵素に変化⇒がんが消える効果が出た


7.蛍光灯の光でがんを治療できる!?
(再生医療・田畑先生)
蛍光灯の光で色素が変化し、がん細胞を消すように研究している
がん細胞だけに色素を取り込み治療しようとしている


8.体の深部は超音波でがんを治療する!?
(再生医療・田畑先生)
超音波は体の深部まで入り、がん細胞に当たると微弱な光を発する
この光で色素が活性酵素に変わりがん細胞を消滅させる


9.幹細胞を注射すると200歳まで生きる!?
(脳科学・澤口先生)
年老いたマウスに幹細胞を注射⇒周囲の細胞が若返り寿命が約3倍に
人間に応用出来るようになれば200歳まで生きられる計算


10.産まれる子どもがワキガか遺伝子検査できる!?
(体臭・五味先生)
日本人は、ワキガの人の割合が少ない為、ワキガで悩む人が多い
ワキガが子ども達のいじめの対象になる場合もあり、深刻な悩みになっている
ワキガかどうかというのは体質で決まる
結婚相手との遺伝子診断⇒ワキガの子が産まれるか分かる
子どもにワキガで悩んで欲しくないと遺伝子診断する親がいる
ワキガの原因⇒脇の下にある「アポクリン腺」⇒ワキガは手術で100%治る


11.男性の脇のニオイは女性を落ち着かせる!?
(脳科学・澤口先生)
男性の脇から出るニオイは女性を落ち着かせるという事が分かってきている
ワキガに関して、それほど悪玉扱いしなくても良いと思う

(体臭・五味先生)
ワキガは1つの個性、ワキガの手術で全部を治さず一部ニオイを残すやり方もある


12.血液の成分からうつ病が診断できる!?
(環境・武田先生)
心理学の先生が話して、この人はうつ病じゃないかと診断するのが普通だが
この度、広島大学で血液の分析をしてうつ病を判定する方法が開発された
診断方法⇒血液を解析し、うつ病患者特有のパターンを発見
「うつ病を客観的に診断出来る」と世界で初めて発表された


13.脳にバンドを当て脳の血流でうつ病が分かる!?
(脳科学・澤口先生)
脳の血流の変化を測定し、うつ病特有のパターンを発見
今までうつ病は問診での診断⇒科学的な診断法の登場は画期的


14.健康な時の大便を冷凍し体内に戻せば便秘が治る!?
(生物学・池田先生)
便秘の原因⇒腸内細菌のバランス悪化
健康な時の大便を冷凍保存、この便の中には健康な時の腸内細菌がいる
具合が悪くなった時に、この便を溶かして体内に入れると便秘は治る
-20℃以下で冷凍保存すれば腸内細菌は死なない⇒解凍すると細菌は復活する


15.老人が悩む難聴が再生医療で治る!?
(再生医療・田畑先生)
難聴⇒加齢に伴い、耳の神経細胞が死んで聞こえづらくなる
細胞が死ぬ前に特殊なエサ(たんぱく質)を与えると再生し症状が改善する
ニオイの再生治療も研究中だが耳は臨床(診療)の段階に到達している


16.アルツハイマー病が治る可能性がある!?
(脳科学・澤口先生)
ワクチンが開発されてきていて、アルツハイマー病は治る病になってきている


17.頭が良くなる薬が開発されている!?
(脳科学・澤口先生)
物覚えが良くなる・頭を良くする薬が出来ている


18.頭が良くなる帽子も開発されている!?
(脳科学・澤口先生)
開発者:シドニー大学 アラン・スナイダー教授
頭が良くなる帽子⇒脳を刺激し創造力を向上させる
研究者が自ら11年間使用⇒最近、論文で発表し判明した


19.再生治療で足を切断する病気が防げる!?
(再生治療・田畑先生)
研究段階ではなく、臨床(診療)まで来ている治療法
再生医療とは⇒体内の自然治癒力を高める
体の中には元々血管を作る細胞があるので、それにエサを与える治療をする
血管を作る細胞にエサ(たんぱく質)を与える⇒血管が再生し足の切断を免れる
トカゲの尻尾のように手や足を再生することは出来ないが
筋肉・神経・骨などの部分部分は再生してくる
足を切断する病気の人は血管が無くなっているので、血管を再生し切断を免れる
やけどの傷も同じように治る それには血流が必要
血流⇒色んな細胞が来る⇒病気が治る


20.自分の意思で動き感覚も分かる義手を開発中!?
(生物学・池田先生)
目で確認しなくても物を掴む感覚が分かる義手を開発中


21.軍事用に開発した機械が医療現場に導入される!?
(軍事・テレンス先生)
アメリカの軍隊では、すでに感覚も分かる義手等が使われている
その技術がそろそろ一般の医療現場におりてくるという話がある
戦場で手足を失った兵士に接合し元通りに動かせるように開発されたもの

(生物学・池田先生)
運動神経⇒脳から指令を出す 感覚神経⇒脳に情報を入れる
運動神経は信号を送る方なので簡単だが、感覚神経は脳に伝えるので難しい


22.ウサギの男性器は切れても元通りに再生出来る!?
(環境・武田先生)
ウサギなら、切れてしまった男性器の形・機能全て元通りに再生した事例がある


関連記事


コメント
非公開コメント