【ホンマでっか!?TV】 親子関係の新常識 の ほんまでっか?情報 - 芸能人の愛用品!お取り寄せ

芸能人の愛用品!お取り寄せ ホーム » テレビ番組の情報>『ホンマでっか!?TV』 » 【ホンマでっか!?TV】 親子関係の新常識 の ほんまでっか?情報

【ホンマでっか!?TV】 親子関係の新常識 の ほんまでっか?情報

◆2012.4.18放送「ホンマでっか!?TV」より

この日のホンマでっか!?TVは、前半は「親子関係の新常識」をテーマに語られ
後半は、おおたわ先生の「ホンマでっか!?ランキング」でした

◆番組前半「親子関係の新常識」で語られた情報です
・イギリス「デイリー・テレグラフ」からの情報
「父親と遊びたい」と思っている子どもは全体の6%!?
(生物学・池田先生)
7,8年くらい前の調査 イギリスで子ども1200人を対象に調査
父親と遊びたいと答えた子どもは⇒6%
母親と遊びたいと答えた子どもが圧倒的に多かった


1.父親が夢中になり過ぎる為 子どもは遊びたくない!?
(生物学・池田先生)
真剣になり過ぎた父親に勝てず子どもはつまらないと感じる


2.ハイハイの時期子どもは母親の表情をよく見ている!?
(心理・植木先生)
赤ちゃんの行動を見る調査では、お母さんが明るい表情の時は子どもはハイハイし
お母さんの心配そうな表情をしていると、その場から動かない事が分かった
子どもは、父親よりも母親の顔をみて行動する傾向がある


3.ヒップホップ系ダンスは子どもの脳機能がアップ!?
(脳科学・澤口先生)
マネしながら踊る⇒「頭が良くなる」「社会性向上」「キレにくくなる」効果が
マネしながら踊る事が運動学習に関係する脳領域に影響を与える
ダンスは、エアロビクス+エクササイズ+マネをする3つの良い要素が含まれる
その中でも一番良いのはヒップホップ系


4.小学生時代に虫取りすると理系の天才になる!?
(生物学・池田先生)
池田先生や澤口先生を始め、有名な科学者は虫が好きな人が多い
虫取り⇒脳・手・目を使い、探す為に試行錯誤する
虫が取れる方法を探す⇒考える事が問題解決能力を上げる


5.息子を「さん」付けで呼ぶとモテる男性になる!?
(伝統文化・岩下先生)
最近はあまり聞かないが、昔は親が息子を「さん」を付けて呼んでいた
男性がだらしなくなった現在、少しおだてるぐらいが良い
中学卒業後一人前の紳士として接し、母親をエスコートさせるとモテる男に
一緒に食事に行ったら息子が母親のメニューも注文するぐらい一人前に扱わないとダメ


6.丁寧語で話すと子どもは聞き入れるようになる!?
(親子心理・山崎先生)
2~3歳から子どもに命令せず、お願いしていると命じた時に効果がでる


7.2歳頃からお願いすると聞き入れる子どもになる!?
(親子心理・山崎先生)
「親の命令に子どもは従うもの」と思っていると強く命じてしまう
2歳頃から穏やかに接していれば⇒叱った時に効果がある


8.「父親が怖い」と教えるのは良くない!?
(親子心理・山崎先生)
子どもを恐れさせてはダメ
子どもにとって親は社会の窓口⇒父親を怖がる=社会を怖がる


9.子どもに干渉し過ぎる親の口癖は「○○したら?」!?
(学校心理・田村節子先生)初登場
「○○高校に行ったら」とか「○○ちゃんと遊んだら?」と親が決めてしまう
近年、子どもが考えるべき事を親が考えてしまう事が多い


10.「○○したら?」と言うと自分で考えられない子に!?
(学校心理・田村先生)
親が全て決めてしまう⇒子どもは何も考えられなくなる
親が自分の経験を話すのは良いが、過剰な期待は子どもを苦しませる


11.親が子どもを朝起こさない方が良い!?
(親子心理・山崎先生)
ある程度の年齢まで起こし続けている子どもはもうしょうがないが
小さい時から起こさないとちゃんと自分で起きるようになる


12.子どもは起こさないと自分で起きるようになる!?
(親子心理・山崎先生)
朝、起きたくなる雰囲気が必要、朝ごはんを作っている音・ニオイなど
親が動いているのが分かると子どもは自分から起きたくなる


13.サルも必要に迫られると自然に早起きする!?
(環境・武田先生)
高崎山のサル サル30匹に20食の朝食を出した場合⇒朝7時に起きてくる
ところが、サル30匹に40色の朝食を出した場合は⇒朝11時まで起きてこない


14.母親におって子どもの思春期は2度目の出産!?
(親子心理・山崎先生)
赤ちゃんとして体が産まれ、思春期に母親の心の子宮から出てくる
母親の心理的な領域が苦しくて、思春期の子どもは文句を言う
その時、母親も苦しんで苦しんで心の子宮から子どもを産み出す


15.思春期に「クソババア」と言われたら子育て大成功!?
(学校心理・田村先生)
思春期は、自分の価値観とか考え方が出来てくる途中の期間
そこに親が介入すると、子どもは自分を守る為に「クソババア」という言葉で反抗する
「うっせぇ」「別に」「まぁまぁ」「クソババア」⇒自我の芽生え
親は、言葉遣いが嫌だったら言葉遣いについて注意する
「クソババア」という言葉が出る⇒親が過干渉になっている状態
思春期は、子どもが自分で考え行動して責任を取る時期


16.息子が下着泥棒にならぬようブラジャーをまき散らせ!?
(環境・武田先生)
思春期は、自我の形成と男女の違いが表れる時期で子どもは2重の苦しみを味わう
母や姉がブラジャーを部屋の中にぶちまければ小さい頃から女性に対する免疫が出来る


関連記事


コメント
非公開コメント