【ホンマでっか!?TV】 驚きの最新医療の ほんまでっか?情報 - 芸能人の愛用品!お取り寄せ

芸能人の愛用品!お取り寄せ ホーム » テレビ番組の情報>『ホンマでっか!?TV』 » 【ホンマでっか!?TV】 驚きの最新医療の ほんまでっか?情報

【ホンマでっか!?TV】 驚きの最新医療の ほんまでっか?情報

◆2012年9月5日放送「ホンマでっか!?TV」より

この日のホンマでっか!?TVは、前半は「驚きの最新医療」をテーマに語られ
後半は、「ホンマでっか!?レストラン」で天ぷらの情報が語られました

◆番組前半「驚きの最新医療」で語られた情報です
・アメリカ「ジョンズ・ホプキンス大学」からの情報
飲むとつらい記憶を消せる錠剤が開発!?
(医療・おおたわ先生)
アメリカのジョンズホプキンス大学が開発した錠剤の薬
つらい事を体験すると脳内で独特なタンパク質が生成される
独特なタンパク質が定着し、記憶として刷り込まれる


1.つらい事があると脳内にタンパク質ができる!?
(医療・おおたわ先生)
このタンパク質が原因であれば、タンパク質を錠剤で分解⇒つらい記憶を消去
つらいトラウマを抱える人の治療に役立つ可能性がある
人間は記憶によって人格形成⇒この薬には賛否両論の声が


2.脳のタンパク不足で歩行&記憶等が困難!?
(環境・武田先生)
筋肉の病気だと思われていた歩行の困難・筋萎縮症が、実は脳のタンパクの欠乏が原因
脳の特殊なタンパク質が減少⇒記憶力低下 タンパク質増加⇒記憶力向上


3.タンパク質が元気な細胞を呼び治療!?
(再生医療・田畑先生)
タンパク質を直接打ち、病気を治したい所に細胞を呼び込んで治療する方法がある
脳に直接タンパク質を入れることが動物実験では可能
人にも適応出来るよう研究が進められている


4.脳で考えると動くロボットがある!?
(生物学・池田先生)
自分の思いだけでロボットアームを動かして水を飲んだりという研究が進められている
頭の中に100本くらいの毛髪の記憶装置を束ねて埋め込み
そこからケーブルをロボットに繋ぎ、脳の電気信号で動かすというもの
さらに研究が進めばワイヤレスで動かすことが可能に


5.TVゲームを脳で操作する事も出来る!?
(再生医療・田畑先生)
ロボット研究は、アメリカの軍隊が特に力を入れている
戦地に直接行かず、頭でロボットを操作して戦地に行くという考え
この技術で、脳で操作するTVゲームが出来るかもしれない


6.地球の裏側のロボットを脳で操作できる!?
(軍事・テレンス先生)
現在の研究では、原理的には地球の裏側のロボットでも操作出来ると言われている
ノートパソコンの処理能力は、人間の脳の約10万分の1しかない
コンピューターだけで判断させるのは難しいが、脳から操作すれば可能
優れた特殊部隊の脳に電極を埋め込み戦地でロボットを動かす事も可能に

【PR】

脳波を読み取って動くかわいい猫耳


7.ロボットの手で外科手術が可能に!?
(心臓・渡邊先生)
人間の手の働きをロボットが体の中で行う、開腹せずに外科手術が可能に
湾岸戦争時、米国本土の医師が戦地で治療する為に開発された技術
拡大されたカメラの映像を見て肉眼では確認しにくい手術も可能に
指先2本で切開・縫合など細かい作業も可能


8.心臓の裏側にカメラが移動し手術可能!?
(再生医療・田畑先生)
人間の手では困難な箇所も手術可能、心臓の裏側の手術も可能に


9.ロボットの手術は3日で元気に退院出来る!?
(心臓・渡邊先生)
開腹せずに、小さな穴からロボットが入り手術するので回復も早い


10.心臓手術後も3日で退院出来る!?
(心臓・渡邊先生)
今までの心臓手術は、術後2~3週間の入院が必要だったが
ロボットの手術は、3日で退院出来た実例がある


11.着る事が出来るAEDがある!?
(医療・おおたわ先生)
不整脈が原因で発作が起き心臓停止⇒総務省の調べでは年間6万3千件起こっている
街中での心臓停止⇒生存率は10~20%
これを防ぐ為、AED(自動体外式除細動器)が設置されている施設も多いが
AEDを着る事が出来る時代になってきている
アメリカでは着るAEDが実用化⇒患者にレンタルされている
ライフベストという名前で、ベストに除細動装置がくっついている状態
不整脈が出た時に自動的に作動する仕組みになっている


12.着るAEDは病気になると自動的に作動する!?
(医療・おおたわ先生)
意識が無い時にだけ自動で作動⇒心臓の働きを戻してくれる
意識があって必要ないと思った時は、自分で解除することも出来る


13.腰に埋め込み自動的に薬を出すチップがある!?
(環境・武田先生)
ハーバード大学では、腰の中に計算機付きの薬を出すチップを埋め込む方法を試験中
コンピューターと通信装置が付いた薬剤放出チップを腰の中に埋め込み
体の外側から操作すると、体内で薬が放出される
高血圧や糖尿病など定期的な注射が必要な人の為に開発
将来、体の状態に応じて自動せ作動する事も可能に


14.起きている状態で心臓の手術が出来る!?
(心臓・渡邊先生)
心筋梗塞の治療は、以前の全身麻酔で胸を開いて行う手術だけではなく
現在では、部分麻酔で目を開けた覚醒状態で手術をすることが出来るようになった
全身麻酔のかけられない重病患者や高齢者などに負担をかけずに手術可能
脳の血管が細い等の理由で、手術中に脳梗塞を起こす人がいる
起きた状態で手術が出来れば
手術中に対話し意識を確認⇒血圧を調整し脳梗塞を防ぐ事が出来る


15.心臓の部分麻酔だと術後すぐにご飯が食べられる!?
(心臓・渡邊先生)
意識のあるまま手術を続けると、術後すぐに普通の状態に戻るのでご飯も食べれる


16.虫歯を削らず殺菌だけで治療!?
(予防医療・倉知先生)
オゾンを当て虫歯菌を殺菌⇒虫歯を治療
現状は健康保険の適用外で治療費は自費になる(一部の歯科のみ)


17.歯そう膿漏になっても治す事が可能!?
(再生医療・田畑先生)
歯茎の中の骨を再生⇒同時に歯茎も再生する
細胞を元気づけるタンパク質を注射⇒骨&歯茎も改善


18.肉体の代わりをさせる為 米国が人型ロボを開発中!?
(軍事・テレンス先生)
アメリカで急速に人間型ロボットの開発が進んでいる、その理由が肉体の代わり


19.死後 脳をスライスしてコンピューターに読み込ませる!?
(軍事・テレンス先生)
コンピューターに死者の脳を保存⇒脳としては生き続けられる


20.生物学的にロボットとして永遠に生きる事は可能!?
(生物学・池田先生)
脳の情報量は膨大な為、簡単には出来ないが原理的には可能
音声や動き等を全てインプットし、自分と同じようなロボットを作れば
ずっと死なないという事は将来的には可能になる


21.飲むだけで筋肉がつく薬がある!?
(予防医療・倉知先生)
カウチポテト薬という可愛い名前が付いている
動物実験では塗るだけで筋肉を増量する事に成功
筋肉疾患や代謝障害などの治療薬として研究が進められている


22.米国で脂肪を凍らせて痩せる技術がある!?
(軍事・テレンス先生)
アメリカで脂肪を凍らせて脂肪細胞を破壊して痩せるという技術が開発された
1時間程度の治療から個人差もあるが徐々に脂肪が減少
脂肪細胞を冷却し破壊⇒代謝され体外に排出される


23.お腹の中の胎児に治療が出来る!?
(心臓・渡邊先生)
心臓の大動脈弁が閉鎖している子ども⇒出生したらすぐ亡くなってしまう
現在では、母親のお腹から針を刺し、胎児の心臓を手術することが可能

【関連記事】
【ホンマでっか!?TV】驚きの最新治療の情報
関連記事


コメント
非公開コメント