【ホンマでっか!?TV】 ネット社会の新常識の ほんまでっか?情報 - 芸能人の愛用品!お取り寄せ

芸能人の愛用品!お取り寄せ ホーム » テレビ番組の情報>『ホンマでっか!?TV』 » 【ホンマでっか!?TV】 ネット社会の新常識の ほんまでっか?情報

【ホンマでっか!?TV】 ネット社会の新常識の ほんまでっか?情報

◆2012年11月7日放送「ホンマでっか!?TV」より

この日のホンマでっか!?TVは、前半は「ネット社会の新常識」をテーマに語られ
後半は「もしもの時のホンマでっか!?」で腰痛予防や家電の情報が語られました

◆番組前半「ネット社会の新常識」で語られた情報です
・オーストラリア「シドニー・モーニング・ヘラルド」からの情報
ネット上で最高の口説き文句は「キレイな唇だね」!?
(経済・門倉先生)
世界中に1億人以上の会員がいる出会い系サイトの調査
外見を褒める言葉を12種類用意⇒男性が言葉を選択し女性にメール
返信・会話が4往復以上など成功のレベルを数値化し分析したところ
「君の唇キレイだね」という言葉が最も成功率が高かった


1.ネット上では唇を褒めると恋愛成功率UP!?
(経済・門倉先生)
目を褒める男性が多かったが女性に最も効果的なのは唇だった
プロフィールにある顔写真を見て褒めている


2.排卵日近くの女性は唇が腫れぼったく赤い!?
(脳科学・澤口先生)
唇を褒める=あなたのアソコはキレイだよと言っているようなもの
女性は排卵日近くになると唇が赤く腫れぼったくなる=男性を惹きつける為
唇は状態に応じて生殖能力を示す⇒唇を褒める=女性性を褒める


3.SNSでモテる人は実生活でもモテる!?
(脳科学・澤口先生)
SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)
人との繋がりを促進・サポートするコミュニティ型のWebサイト⇒mixi、ツイッターなど
SNSの世界は実世界を表していて、SNSでモテる人は実生活でもモテる


4.SNSで浮気する人は実生活でも浮気する!?
(脳科学・澤口先生)
SNSでの浮気⇒他の人にも「好きだ」と言っている
SNSは実生活の映し鏡⇒SNSの動向で実生活が推測


5.実生活でモテない人はSNSでもモテない!?
(脳科学・澤口先生)
実生活でモテない人はSNSでもモテない


6.コンピューターを使い過ぎると脳が退化する!?
(教育・尾木先生)
情報がすぐに得られる為、自分の脳で考える事をしなくなる
ネットのやり過ぎで集中力低下など悪い方に脳の配線が変化する恐れが


7.重度のネット中毒者には隔離治療が必要!?
(脳科学・澤口先生)
IADという言い方で世界中ですごく問題になっている事
IAD=Internet addiction disorder(インターネット・アディクション・ディスオーダー)
日本語にするとインターネット中毒傷害
重度のネット中毒は、覚せい剤中毒とほぼ同じ⇒隔離して檻の中に


8.重度のネット中毒者は幻覚を見る!?
(脳科学・澤口先生)
重度になると、ネットが無いと妄想・幻覚を見るようになる
現時点で隔離治療を受けている人は中国に実際にいる


9.中国には2400万人のネット中毒者がいる!?
(教育・尾木先生)
中国では軽度から重度まで含めて2400万人のネット中毒者がいる
日本にどのくらいの中毒者がいるのかは調査されていない


10.ネット中毒者は社会性が下がり攻撃性が増す!?
(脳科学・澤口先生)
ネット中毒になると社会性が下がり攻撃性が増すようになる


11.ネットで相手の反応が思い通りにならないと攻撃性が増す!?
(環境・武田先生)
コンピューター相手の作業を続けていると「相手が言う事を聞く事が当然」と錯覚
その結果、相手が人である事を忘れ命令通りにならないと怒る傾向に


12.韓国では5歳~9歳の約8%がネット依存症!?
(教育・尾木先生)
ネット先進国の韓国では、5歳~9歳の7.9%がネット依存症に
成人(20~49歳)は6.8%⇒幼児ほどネットの影響を受けやすいと言える


13.末尾に謝罪の言葉を入れるとネットは炎上しづらい!?
(脳科学・澤口先生)
文書の最後に謝罪の言葉を入れる⇒相手の攻撃性は低下する
攻撃性は下がるが不快感は残るのでやがて炎上する可能性はある

【ネット中毒の初期症状とは!?】
1日ネットに触れない⇒イライラ・攻撃的・不眠=ネット中毒初期
家に携帯を忘れたら遅刻になりそうでも家まで取りに帰るという人は中毒初期
日本中みんなが中毒予備軍になっているのでとても危ない


14.現代人が最も抑えきれない欲望はSNS!?
(経済・門倉先生)
18歳~85歳の250人の一週間の欲望を調査
性欲・睡眠・飲酒・喫煙などの欲望の中で一番強い欲望が「SNSをしたい」だった


15.ドイツの若者の5人に1人がHよりネットをしたがる!?
(経済・門倉先生)
ネットは若者の日常生活の一部に⇒コストも低い為、我慢しづらい
多くの若者は、ネットを見てないと気が済まない状態になっている


16.SNSに一言書き込むだけで個人情報が特定される!?
(ネットセキュリティ評論家・園田道夫先生)初登場
例えば、仕事中に書いた芸能人目撃情報が倫理に反するという事で炎上したり
つぶやきがキッカケで書いた側の個人情報が特定された事例もある
GPS機能で位置情報をアップすると自分の行動がバレて証拠になる


17.空き巣はツイッターを参考に犯行に及んでいる!?
(南海キャンディーズ山ちゃんから出た情報)
空き巣犯はツイッターを参考に家に侵入している
○○なう。とか自分は家にいないという事を世の中に公表しているのと同じ


18.位置情報がストーカーに利用される事も!?
(軍事・テレンス先生)
機会音痴の女性は、位置情報サービスを知らずに設定している事が多い
その情報を利用して女性の行動をチェックしているストーカーもいる


19.近年では電話先の居場所が瞬時に分かる!?
(軍事・テレンス先生)
テレビドラマにある逆探知の為に話を延ばしてくれというのは時代遅れ
現在では、コンマ数秒でどこから電話してきたのか分かる


20.進化したコンピューターは勝手に動き出す!?
(環境・武田先生)
タイプライター等は人間の能力より小さい=人間の道具だった
現在のコンピューターは人間の脳の1000倍以上の情報を処理できる
人間はコンピューターを道具と認識⇒既に人間より大きい能力が
コンピューターが勝手に動く事もあり得るところまできている


21.人類滅亡の要素の1つは進化したコンピューター!?
(軍事・テレンス先生)
世界中の学者が集まって“人類がどのように滅びるのか?”を考える
水不足が一番深刻なのだが、コンピューターが人類を滅ぼすがベスト3に入っている
映画のターミネーターの世界と同じ事が起こると予想されている
端末が勝手に意思を持ち始め独自で動くようになる可能性が


22.はみ出た鼻毛を注意するWebサービスがある!?
(経済・門倉先生)
見つけた人がそのサービスの連絡⇒その会社から柔らかい文言でメールが届く


23.Webサービスで50万本の鼻毛が処理されたらしい!?
(経済・門倉先生)
このサービスは、すごい人気で今までに50万本の鼻毛が処理された


24.ネットで本質的な情報は得られない!?
(心理・植木先生)
ネットでは広く浅く色々な情報が集められるが本質的なものにはならない
私達自信、インターネットで得られる情報に信憑性を感じていないはず
信憑性が低い媒体には、信憑性が低い情報を載せ易くなる
信憑性が高い論文誌などには、信憑性が高い情報が集まり易い


25.自ら調べた情報は間違っていても信じ易い!?
(心理・植木先生)
ネットの情報は信憑性が低いと分かっているのに信じてしまうのはなぜか?
テレビ・ラジオなど⇒受動的にアクセス(ニュースを見せられた・聞いた)
インターネット⇒能動的にアクセス(自分で調べて見た・聞いた)
能動的に調べて返ってきた答えは本当だろうなと人は思いやすい


26.自分の個人情報が友人から流出する事も!?
(軍事・テレンス先生)
知人の端末から自分のアドレスが流出⇒業者から迷惑メールが届く


27.トイレの中の孤独感を癒してくれるアプリ!?
(経済・門倉先生)
トイレの狭い個室で孤独感を感じる人がトイレの中で使うSNSがある


28.同じ時にトイレにいる人と繋がることが出来る!?
(経済・門倉先生)
そのアプリを使うと同じ時間にトイレにいる人が何人いるか分かる
同じ時にトイレにいる人と交流⇒仲間意識が生まれ孤独が癒される


関連記事


コメント
非公開コメント