【ホンマでっか!?TV】 見落としがちな病気の兆候のほんまでっか?情報 - 芸能人の愛用品!お取り寄せ

芸能人の愛用品!お取り寄せ ホーム » テレビ番組の情報>『ホンマでっか!?TV』 » 【ホンマでっか!?TV】 見落としがちな病気の兆候のほんまでっか?情報

【ホンマでっか!?TV】 見落としがちな病気の兆候のほんまでっか?情報

◆2013年2月6日放送「ホンマでっか!?TV」より

この日のホンマでっか!?TVは、前半は「見落としがちな病気の兆候」について語られ
番組後半は「ホンマでっか!?ランキング」谷本先生の発表でした

◆番組前半「見落としがちな病気の兆候」で語られた情報です
・イギリス「ブリストル大学」からの情報
足が短い人は心臓発作のリスクが高い!?
(医療・おおたわ先生)
足の長さとけい動脈の壁の厚さに相関関係がある
けい動脈の厚さは薄いほうがベターとされている
血管が厚い=内側にプラーク(コレステロールや脂肪が溜まった物)がある
体中の動脈硬化が進んでいるので、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高い
足の長さが約10cm長いとけい動脈が0.045mm薄くなる
けい動脈の太さは平均0.73mm⇒0.045mmの差はとても大きい


1.足が平均より4.3cm長いと心疾患の確率が16%減少!?
(医療・おおたわ先生)
後から足を長くしてもダメ、足が4.3cm長いと心疾患のリスクが16%減る
日本人は元々胴長短足の人が多い
日本人の3大死因(1958~2010年)⇒脳血管疾患・心疾患・がん
日本は心疾患のリスクが高い国


2.足の長さは幼少期に決まる!?
(医療・おおたわ先生)
足の長さが決まる時期は幼少期という事が分かっている


3.幼少期の食事・環境が手足の長さに関係!?
(医療・おおたわ先生)
幼少期に与えられる栄養や周囲からの愛情豊かな環境が手足の長さに関係してくる
外でよく遊ぶ子は体の発達がよく手足が長くなる可能性が高い


4.手足が長いほど認知症になりにくい!?
(脳科学・澤口先生)
認知症との相関関係 女性は手足の長さ、男性は手の長さが関係している
長ければ長いほど認知症になりにくい

(心臓・渡邊先生)
タバコ・ストレス・塩分・脂肪分の多い食事⇒心疾患になり易い


5.就寝中 何度もトイレに行く人は心臓病の傾向が!?
(心臓・渡邊先生)
他に就寝中に何度もトイレに行く原因
男性⇒前立腺肥大の可能性あり 女性⇒過活動膀胱の可能性あり
心臓病が原因でトイレの回数が増加⇒重病の可能性がある
今まで行かなかった人が1回、2回と回数が増えていくようだと危険

人間は立っていると重力の法則で心臓に血液が戻りづらい
夜、横になると心臓と体が平行に⇒血液が心臓に戻り大きくなる
夜中は脳からホルモンが出ていてオシッコに行かないように制御しているが
心臓が弱い人は腎臓に血液が回ってしまいオシッコを作り出す
心不全が進行すると⇒枕を背中に置かないと眠れないことも


6.睡眠中 足がつった場合 糖尿病の可能性あり!?
(生物学・池田先生)
糖尿病の人は、血液がドロドロになって血流が悪くなる
血流の低下により栄養分が十分に行かず足で神経障害が起きる
糖尿病患者の30~40%⇒足がつる症状が出る


7.足の指がつる人は肝臓病の疑いあり!?
(生物学・池田先生)
足の指がつる場合は、糖尿病じゃなく肝臓病の可能性がある


8.足がつると脳梗塞の疑いあり!?
(脳科学・澤口先生)
こむら返りが起こる場合は、脳梗塞の疑いもある
脳梗塞になると脳からの制御がうまく伝わらず筋肉が収縮し足がつる


9.45歳を過ぎると睡眠中足がつり易くなる!?
(医療・おおたわ先生)
スポーツ選手や若い人が足がつりやすい場合は脱水が考えられる
足がつりやすい体質の人⇒筋肉が脱水しやすい可能性が
45歳を過ぎた中高年の場合は、夜中に足がつり易くなる


10.芍薬甘草湯が足のつりに効果あり!?
(建築環境医療評論家・亀井眞樹先生)初登場
「つる」という状態は⇒血虚(血が足りない)と言います
漢方薬の芍薬甘草湯を飲むと足のつりが早く治る可能性がある
枕元に置いておき、足がつった時に飲めば15秒~2分以内に症状が治る



11.ウソの判断が出来なるなったら脳の老化!?
(脳科学・澤口先生)
ウソをついている事が分からなくなる、相手のウソが見抜けなくなる
ウソ⇒高度な脳領域を使う
ウソをつけない&見抜けない⇒脳の老化の初期症状
相手のウソが見抜けなくなるのが重大⇒オレオレ詐欺等の詐欺に合う


12.乗車中に道路の段差で腹部が痛いと盲腸!?
(環境・武田先生)
道路にある段差を超えた時に腹部に痛みを感じたら盲腸の可能性がある
上下の動きは人間の体に響きやすい
イギリスでは盲腸を診断する際、患者に段差通過時の痛みを聞く


13.口の周りの肌荒れはアレルギーになる可能性が!?
(美肌・森先生)
肌荒れを乾燥と勘違いし間違ってクリーム等をつける
クリームを落とす為に夜ゴシゴシ洗浄する⇒肌が乾燥してパリパリになる
これを繰り返す事でアレルギーになってしまう
慢性のアレルギー、湿疹になってしまうと治らなくなってしまう
皮膚に繰り返し刺激を与えると炎症を起こす事もある


14.若い頃 顔がブツブツになると肌が強くなる!?
(美肌・森先生)
若い頃に出来物が出来ると肌が強くなるので、そのご出来物は出来にくくなる

口の周りの肌荒れは、触らずに一週間様子を見てお湯で洗うなどした方が良い
余計な刺激を与えると悪化させる可能性があるので様子を見る事が重要
1週間経って改善しない時は皮膚科へ


15.食べ物の好みが変わると胃がんの可能性が!?
(生物学・池田先生)
若い人が急に食べ物の好みが変わった時は胃がんの可能性がある
胃がんが原因で食物を受け付けないと考えられる


16.斜めの天井・梁の下で寝るとがんになる可能性が!?
(建築環境医療・亀井先生)
まず、自分の体に尖った物が向いているのを避けないといけない
斜めの天井の角や梁の角が自分に向いているのは良くない
脳は体に迫っている物があると自然と圧迫感を感じる傾向が
その結果、脳は無意識に不快と感じしっかりと睡眠できない可能性がある


17.体温が35度台になるとがん細胞が出来やすい!?
(建築環境医療・亀井先生)
がんになった患者の体温を測ると殆どが35度台


18.平熱が36.5度を超えるとガン細胞が出来にくい!?
普段の体温が36.5度以上の人に発がん者は殆どいない
人間は体温が0.4度下がると眠くなる傾向がある
睡眠中の体温が35度台になる⇒がんを防ぐナチュラルキラー細胞の活動が低下する
ナチュラルキラー細胞(NK細胞)の活動低下⇒がんのリスクが増加
普段の体温が約36.6度ある事が良いと考えられている
40分から1時間入浴すると体温が上がり、その後就寝すると良い


19.体温計の37度は世界では平熱の範囲内!?
(生物学・池田先生)
日本人の平熱は低い、体温計の37度が赤くなってるのは世界的な平均だから
体温37度⇒世界的には平熱の範囲内



関連記事


コメント
非公開コメント