【ホンマでっか!?人生相談】 相談者:沢村一樹 直線が気になる

◆2013年3月6日放送「ホンマでっか!?TV」より

この日のホンマでっか!?TVは、前半は「最新教育事情」をテーマに語られ
後半は、「ホンマでっか!?人生相談」相談者は沢村一樹さんでした

◆番組後半「ホンマでっか!?人生相談」で語られた情報です
今回の相談者は、俳優 沢村一樹さん

さわやかアダルトの顔を持つ彼の意外過ぎる悩みとは!?

沢村一樹の悩み
「あるはずのない直線が見えて気になる」


・どういう状況でどんな直線が見えるのか?
物の角の延長線上に直線が出ているように見えてしまう
その直線が気になり、そこを踏まないようにまたいでしまう

(生物学・池田先生)
見ているものが「現実」と思っているが
脳が作り出すものが「現実」⇒1人1人違う現実を見ている
その最も共通項の多い事柄で皆の現実が作られ話が通じている
皆とは違うものが見えている⇒芸術的・独創的な感覚が強い
「共感覚」⇒文字や味に色を感じるなど特殊な感覚を持つ人
こういう感覚を持つ人は、この事をあまり人に言わない、おかしい人と思われるから
しかし、こういう感覚を持つ人は芸術性・独創性に優れている

(環境・武田先生)
ハロルド・クロトー 1996年のノーベル化学賞受賞者
トイレのタイルから六角形と五角形の構造の分子(C60)を発見した
偉大なデザインを思い付く人は架空の線が見えることが

(脳科学・澤口先生)
人間には見てていない部分(盲点)が必ずある⇒周りの情報から補足(フィルドイン)
実際に無い物が見える⇒フィルドアウト
視覚野に以上があると実際に無いものが見える可能性がある
最近見えるようになったのであれば、脳梗塞などなんらかの異常があるかもしれない
沢村「ちっちゃい時、ミニカーを並べる事が好きだった」

キレイに並べる事に執着⇒独創的な脳の持ち主、内にこもる芸術家に多い
人に誤解されやすく人間関係でこじれやすい

沢村「ドラマや芝居の現場にはバミリがある」 バミリ⇒立ち位置などを印すテープ
「バミリの事が気になりすぎて芝居どころじゃなくなる」
(統合医療・亀井先生)
日本人は線や輪郭が好き⇒乳幼児は輪郭から覚える
成人後も輪郭や直線が好き⇒幼児期の影響が色濃く残存している

俳優⇒人に見られる仕事、緊張度が高い
緊張度が高い時は、遊びを入れないと緊張が解けないのかもしれない
線を作り出して遊ぶ事で自然と緊張を緩和している

(心理・植木先生)
思春期に多い侵入思考⇒意図しない思考や衝動が思い浮かぶ現象
命への執着心が強い人⇒成人後も侵入思考を抱く傾向が
命のこだわりが出始める頃に自分へのルールを作る行動が増える
成人後も続く人は、生命力が強く性欲も若々しい
【症状を改善する方法】
①他の事に集中し気を紛れさせる
②飽きて嫌になるまで考え続ける
考えるのを止めようと思うほど考えに囚われ止められなくなる

(医療・おおたわ先生)
人は線がきちんと並んでいる物に無意識に安定感を感じる
安定感に強いこだわりがある人⇒内面に向かう仕事に適している

(統合医療・亀井先生)
1分間で4回呼吸する深呼吸をやると良い⇒5秒で吸って10秒で吐く
人間の脳にはやってはいけないと思うとやってしまうクセがある
この深呼吸をすれば⇒欲望や緊張が消え去る
1つの事に集中したい時は深呼吸すると集中しやすい

関連記事
[スポンサーリンク]

Tag:ホンマでっか!?人生相談 沢村一樹 あるはずのない直線が見える

0 Comments

Post a comment