【ホンマでっか!?TV】 お金が貯まるウラ常識 2013.3.13の情報 - 芸能人の愛用品!お取り寄せ

芸能人の愛用品!お取り寄せ ホーム » テレビ番組の情報>『ホンマでっか!?TV』 » 【ホンマでっか!?TV】 お金が貯まるウラ常識 2013.3.13の情報

【ホンマでっか!?TV】 お金が貯まるウラ常識 2013.3.13の情報

◆2013年3月13日放送「ホンマでっか!?TV」より
この日のホンマでっか!?TVは、前半は「ホンマでっか!?人生相談」
後半は、「お金が貯まるウラ常識」をテーマに語られました。

・「ディスカバリーニュース」からの情報
老いた自分の顏を見ると貯金が増える!?
(心理・植木先生)
スタンフォード大学の行動経済学(経済学と心理学が融合したような学問)
人がお金を出し惜しむ状況を研究を実施
自分の老いた顔の写真を見るとお金を出し惜しむ傾向がある
人は自分が本気で年をとるとは思っていない


1.老いた写真を見て初めて将来働けなくなると実感する!?
(心理・植木先生)
年をとる事を実感⇒お金の使い方が慎重になる
自分の年取った写真を見る⇒暗いムードになる⇒物を批判的に見る事が出来る


2.暗い気持ちになるとお金を使いにくくなる!?
(心理・植木先生)
スーパーマーケット等で明るい音楽を聴くと消費しやすい
暗い気持ちの時は、慎重になりお金を使いにくくなる


3.馴染みの店がない方が消費を減らせる!?
(生活消費評論家・四元正弘先生)初登場
人は商品の価値以外にお店や人間関係の価値も加えて買い物している
馴染みの店&店員がいると商品の価値が上がり消費しやすい


4.ラジオ通販はDJに親近感があるので返品率が低い!?
(生活消費・四元先生)
ラジオ通販というのは、商品も見えないしあまり売れないイメージがあるが違う
ラジオのDJは親近感を持たれる⇒売約率が高い&返品率が低い
馴染みのお店を作る⇒貯金する上ではマイナスに

マツコ「ショップチャンネルにお気に入りの売り子さんがいて
その人がショップスターバリューの時間帯に出てたら、要らない物まで買ってしまう」


5.料理の注文は相手との親密度で変化する!?
(心理・植木先生)
初めて会う人の場合⇒決まりきった簡単な注文をする(コーヒーor紅茶)
親しい人の場合⇒いつも頼まない物を注文する(新商品など)
同じ仲間といつも食事に行く人は、高い物を頼んでしまう傾向が


6.「100」を見るだけで消費を抑えられる!?
(脳科学・澤口先生)
アンカリング効果⇒100という数字を見ると脳が無意識に100を基準値にする
基準値から外れた効果な商品は買わなくなる傾向がある
100円玉or数字の100を壁に貼っておき、朝見れば消費行動が下がる




7.運動すると金銭欲が減る!?
(生物学・池田先生)
運動すると金銭欲がちょっと減るというデータがある
運動とお金の関係性を実験⇒運動する群と何もしない群に分けて実験
2つの群でお金を奪い合うゲームをしてもらう⇒運動した群の成績が圧倒的に悪い
運動するとドーパミンレベルが上昇⇒他の欲求が抑えられる
カジノ等に行く前は、ゴルフ等の運動はしないほうが良い


8.料理に興味がある嫁 夫の給料約130万円高い!?
(環境・武田先生)
料理に関心がない妻の夫⇒平均年収400万円
料理に関心がある妻の夫⇒平均年収530万円
(美味しい料理を作る為に色々調べて、実際に美味しい料理を作っている妻のこと)
日常生活の送り方は収入に影響を与える
帰宅後に美味しいご飯⇒夫の仕事に好影響を与える


9.お金のニオイがする香水をつけると収入アップ!?
(経済・門倉先生)
労働者にお札のニオイだけを嗅がせる⇒生産性が向上した(日本の実験)
この結果に着目しアメリカでお札のニオイの香水が作られた
香水の名前は⇒「money」
アメリカの紙幣のニオイを元に作られているが、紙幣のニオイは大体似ている

(環境・武田先生)
木の心材部分のニオイ⇒紙幣のインクのニオイと類似している


向上心・やる気・運気UPにアメリカドルの香りを放つ香水


10.ゴザのニオイでお金が貯まる!?
(脳科学・澤口先生)
ゴザのニオイ⇒判断力・集中力・決断力UPに


11.ゴザのニオイで判断力UP 無駄遣いが減る!?
(脳科学・澤口先生)
ゴザ・畳のニオイ⇒イグサのニオイ
もしあれば、イグサのニオイの香水やアロマキャンドルでも効果はある


12.紙幣の手触りも判断力を高める!?
(心理・植木先生)
現金&クレジットカードによる消費行動を実験
現金を持ってる人は買うのを控える人もいるが、カードの人は迷わず購入してしまう
紙幣を触って使う⇒満足感に繋がり浪費しなくなる


13.柔らかい物を触ると判断力が落ち浪費する!?
(脳科学・澤口先生)
丸くて柔らかいものは判断力を鈍らせる
ぽっちゃりした色の白い女性を触る⇒判断力が鈍り浪費する
固く角張った物を触ると消費を抑えられる


14.面倒くさい事をすると物を買ってしまう!?
(生活消費・四元先生)
人は、面倒くさい事をしたら無駄にしたくない⇒高く評価をしたがる
性格判断でも誕生日や血液型とうですぐ結果が分かるものよりも
運命数など計算が必要にな手間がかかるほうが診断結果を信じやすい
ポイントカードなど手間が掛かる事をすると買わないと気が済まない気分になる


15.入って出にくいお店だと消費が増える!?
(環境・武田先生)
入って出にくい商店街と入って出やすい商店街、出にくい方が滞留時間は長くなる
時間の比率と人数の比率は同じだから、売り上げも比例して上がる
芝生とぬかるみの理論という
芝生とぬかるみで仕切った場所で小学生に遊ばせる
ぬかるみに滞留する子どもが圧倒的⇒ぬかるみに一度入ると出にくいから


16.昼に買い物をした方が無駄遣いが減る!?
(脳科学・澤口先生)
昼は脳への血流が多い⇒判断力が向上する


17.夜ソファーに座ってネット通販は要注意!?
(脳科学・澤口先生)
この状態は、無駄遣いしてしまう可能性が非常に高い(マツコ該当)
①気が緩み判断力が低下 ②柔らかい感触で判断力が低下


18.割増退職金が貰えるリストラで儲かる!?
(リストラ・砂山先生)
希望退職者を募集⇒即日で満杯になる会社が多い


19.会社の都合で辞めると退職金が2倍以上!?
(リストラ・砂山先生)
会社から言われるのを待った方がお得


関連記事


コメント
非公開コメント