【ホンマでっか!?TV】 日常に潜む危険の ほんまでっか?情報

◆2013年4月24日放送「ホンマでっか!?TV」より

この日のホンマでっか!?TVは、前半は高橋英樹・真麻親子の「付き添い人生相談」
後半は、「日常に潜む危険」をテーマに語られました

◆番組後半「日常に潜む危険」で語られた情報です
・「朝日新聞」からの情報
ダイエットで始めた運動をサボると4倍太る!?
(生物学・池田先生)
朝日新聞の発表だが元のデータはアメリカの研究所が発表したもの
週に男性で32km、女性で16km走る人⇒走る長さに比例して体重が変動
週に簡単な運動しかしない人⇒運動をやめた時、痩せた分の4倍太る
中途半端に運動してやめると反動が大きくより太りやすい

1.女性は不倫をすると平均4.5kg痩せる!?
(生物学・池田先生)
女性は不倫をすると嘘を付く事などで多大なストレスが


2.夫婦で一緒に運動すると離婚しやすい!?
(軍事・テレンス先生)
カップルや夫婦で運動すると必ずケンカの原因になる
運動のペース・都合など些細な事でケンカになる傾向が


3.夫婦仲が悪くても離婚しない方が長生きできる!?
(社会文化評論家・水無田気流先生)初登場
孤独でいる事⇒重度の喫煙・飲酒と並び健康に悪い
言い争いをする夫婦の方が言い合いを我慢する夫婦より長生きする傾向が


4.夫婦仲が悪いと子どもの学力が下がる!?
(心理・植木先生)
夫婦仲が悪いと子どものやる気の消失&夢を持たなくなる傾向が
夫婦仲が悪い状態でいると子どもが精神疾患になり易い
“親同士が罵り合っているシーンを見るのが最悪”
尊敬する者同士が否定しあう⇒子どもが無力感を感じる

直接言われた親より言われている場面を見る子どもの方に悪影響がでる
これは、心理学で「間接的モデリング」と言われている


5.気温の変動が激しいと夫婦喧嘩しやすくなる!?
(生物学・池田先生)
気温の急激な変化で自律神経のバランスが崩れイライラの原因に


6.通勤時間が片道45分以上 離婚率が1.4倍!?
(経済・門倉先生)
相手が専業主婦(主夫)の場合、夫婦間で家にいる時間の差が大きい
帰宅後、どちらが家事をやるか等でケンカになる事が多くなる


7.同じ悩みを持つ人に悩みを相談すると危険!?
(法律・堀井先生)
“特に女性に多い” 離婚を考えている時は、離婚経験者に相談する人が多い
離婚経験者に離婚相談⇒離婚経験者は無意識に離婚の方向に誘導してしまう
「離婚はダメ」=離婚した自分を否定することに⇒結果 離婚を勧める傾向に
離婚を迷ってやめた人にも意見を聞いたほうが良い


8.不幸な女性ほど友人を幸福から遠ざける!?
(法律・堀井先生)
不幸な女友達に相談した場合
その人は無意識に“自分より幸せになってほしくない”と考え答えてしまう
これは、弁護士にも言えること
人生経験が浅い弁護士に相談⇒良い返答を得られない事が多い
お金で苦労したことない先生にお金の相談を持ちかけても分かって貰えない


9.人は自分の考えを証明する情報しか集めない!?
(心理・植木先生)
離婚しようか迷っている人は、100%離婚経験者にしか相談しない
人は自分の考えに同意するような情報を集める傾向が強い


10.良い点と悪い点を3つずつ考慮して物事は決めろ!?
(心理・植木先生)
良い所が3つ浮かんだら、それを否定する事も3つ思い浮かべる
それでもやりたければやる と、いう考え方を心理学ではしている
悪い点も3つ考慮した上で決める⇒本当にやりたい事


11.10代の時の筋力が将来の自殺率に関係!?
(ひざ関節・戸田先生)
スウェーデンのグラナダ大学の調査
約114万人の16~19歳男性の筋力を測定⇒24年後に追跡調査した
約2万6千の人が死亡しており、内訳で1番多かったのが自殺だった(22.3%)
10代後半に筋力の弱かった男性⇒自殺率が35%も高かった
10代後半に筋力を鍛えているとストレスに強い傾向が


12.20代女性の考え方が60代女性に近づいている!?
(社会文化・水無田先生)
30~50代女性より20代女性の方が専業主婦願望が強い
団塊世代の父親の願望が影響⇒娘も同じ生活を望むように
マイホーム・マイカー・子どもを良い大学に・専業主婦⇒団塊世代の憧れ


13.破局後10人に1人がわいせつ画像を公開すると脅迫!?
(経済・門倉先生)
交際中より仲を深める為、自分のHな画像を相手に送るカップルが多い
浮気が原因で別れる⇒浮気されたほうが仕返しとして脅す
女性のほうが脅す割合は多い


14.女性が最も暴挙に出易い年齢は38歳!?
(法律・堀井先生)
1回目は29歳⇒結婚を焦り男性に強く迫る
2回めが38歳⇒出産のリミットが迫っている 最も危険な時期
結婚しなくても子どもが欲しい⇒相手に無断で子どもを作る人が


15.人は20回に1回優しくする人に依存しやすい!?
(心理・植木先生)
熱狂させる人の行動パターン⇒19回厳しく、1回優しいという人
マウスの実験でも20回に1回報酬を与える割合が最もアクティブに動く


16.たまに優しくされる人ほど身体的負担が大きい!?
(心理・植木先生)
アクティブに動くマウスを解剖すると胃潰瘍もいっぱい出来ている
身体的ストレスがあるのに本人は幸せと思っている


17.火傷をした時 冷やし過ぎはNG!?
(ひざ関節・戸田先生)
マウスによる火傷の治癒経過の実験
17度の冷水で冷やしたグループと37度のぬるま湯に浸したグループに分ける
4日間の治癒経過を観察したところ37度のほうが治りが早かった
最初の1分程度冷やして、後はぬるま湯に浸すと良い※火傷の程度によります


18.標準語より関西弁の方が真実味が増す!?
(心理・植木先生)
親近感=真実性というセオリーがある
流暢に話す人より、たどたどしく話す人の方が購買率が高い
論文も文章が多少おかしい方が信頼度が上がる
流暢に話す人は嘘っぽいと思われやすく、損している部分もある
上手く喋れない事にコンプレックスを感じている人が多いが
上手く喋れない要素に人は信頼度を感じる


関連記事
[スポンサーリンク]

Tag:ホンマでっか!?TV 日常に潜む危険 植木先生 戸田先生 堀井先生

0 Comments

Post a comment