危ない病気の兆候 2013年10月23日 【ホンマでっか!?TV】の情報

◆2013年10月23日放送「ホンマでっか!?TV」より

・アメリカ「ハフィントンポスト」からの情報
SNSへの「食事写真」投稿は肥満につながる可能性あり!?
(医療・おおたわ先生)
これは、SNSに食事写真を載せると肥満になるという事ではない。
過食や拒食といった摂食トラブルの病気になる確率が高いという事が分かった。

1.SNSへの食事写真投稿で摂食障害の危険性!?
(医療・おおたわ先生)
本来、食べ物は出てきた物を食べて自分の幸せと感じるものだが
写真投稿がメインになると食べる事よりも写真を取る事を重要視してしまう。
「食」に対する歪んだ価値観⇒摂食障害を招き易い

2.SNSの食事写真の見過ぎで10kgも太る危険性アリ!?
(医療・おおたわ先生)
1日6~8時間SNSの食事写真を見た女性は2年間で10kg太ったという例もある
見てるだけで食べたくなる⇒フードポルノ
性的写真⇒性的興奮⇒行為に移したい欲望がでてくる。
これと同じように・・ 食べ物の写真⇒食べたい欲求がでてくる。


3.SNSの食事写真の見過ぎで恋愛もダメになる!?
(脳科学・澤口先生)
食事写真を見過ぎる⇒性欲が低下し恋愛にも無関心に
食事写真を見過ぎると脳が報酬を受けたことになり満足してしまう。
食欲が満たされてしまうと恋愛系の欲求がどうでもよくなってしまう。


4.女性は朝食を抜くと1.2倍糖尿病になり易い!?
(生物学・池田先生)
女性は朝食を食べないと20%程糖尿病になり易いという事が分かった。


5.フルタイム勤務の女性が朝食を抜くと約1.5倍糖尿病に!?
(生物学・池田先生)
フルタイムで働いている女性が朝食を抜くと54%糖尿病になり易い。
朝食を食べるとインシュリンが働き血糖値を下げる傾向


6.男性は朝食を抜くと心臓病のリスクが高まる!?
(生物学・池田先生)
朝食を抜く男性⇒約1.3倍心臓病になり易い
朝食を抜く人は、その他の生活習慣も悪い事が多く、それが悪影響の可能性も


7.尿が濃い紅茶色だと肝臓病の疑い!?
(予防医療・倉知先生)
肝臓の機能が低下するとビリルビンという黄色い色素が体中を巡る
これが酷くなると、皮膚が黄色(黄疸)になったり、目が黄色になったりする
まず最初の肝臓病の兆候は⇒尿がオレンジ色になる


8.痩せ型&猫背の若い男性は気胸に注意!?
(環境・武田先生)
気胸とは、肺に穴が開き上手く呼吸が出来なくなる病気


9.胸から微かな音を自分で感じたら気胸のサイン!?
(環境・武田先生)
もの凄く軽い気胸を繰り返すと軽い音が聞こえるようになる

(医療・おおたわ先生)
気胸になる原因⇒くしゃみ・重い物を持ち上げるなど、肺を圧迫した時になる
成長期に肺の成長が追いつかないのも気胸の原因に


10.原因不明の頭痛や発疹は遅延型アレルギーの可能性アリ!?
(抗加齢医学評論家・日比野佐和子先生)初登場
即時型アレルギー⇒食べてすぐに症状が出るアレルギー
遅延型アレルギー⇒数時間~数日後に出る為、自覚しづらい


11.遅延型アレルギーの血液検査は米国に送る必要あり!?
(抗加齢医学・日比野先生)
遅延型アレルギーは、IgG抗体が関係⇒血液検査はアメリカでしか出来ない
アメリカに送り、結果が出るまでに約1ヵ月かかる、費用は3~4万円
遅延型アレルギー⇒重症度が6段階に分けられる
重症度3~4の食べ物⇒4日に1度摂取しても良い傾向


12.4日に1度の食事サイクルで軽度の遅延型アレルギーを予防!?
(抗加齢医学・日比野先生)
遅延型アレルギーの検査をする時間がない人は、毎日同じ食事をする習慣をやめて
4日に一度の食事サイクルにする事で遅延型アレルギーの予防になる。


13.毎日同じ食事は脳にも悪影響!?
(生物学・池田先生)
1つの事にこだわる⇒脳機能低下の危険性
新しい食事が脳を刺激する


14.新しい化粧水はまず二の腕で試し塗り!?
(美肌・森先生)
化粧水は高いものだから良いという訳ではない、アレルギーが出る可能性がある
新しい化粧は、サンプルを貰い、まずは二の腕の柔らかい部分に塗り
次の日にかゆみ・赤みがないかをチェックする。


15.新しい化粧水は二の腕の次に首筋で試せ!?
(美肌・森先生)
二の腕で大丈夫でもまだ安心してはダメ!
次は、首筋に塗って一日置いてかゆみ・赤みがないかチェックする。
首筋でもアレルギーが出なかったら顔に使ってもOK!
2箇所チェックする為にサンプルは必ず2回分貰わないとダメ!


16.水がつっかえる症状は食道がんの疑い!?
(医療・おおたわ先生)
食べ物ではつっかえないのに水を飲むとつっかえる人は要注意!
食道は、蛇腹状で固形物は引っかかり易く下に押し出すように胃まで送っている。
食道にがんが出来ていると液体はその部分に溜る⇒つっかえるような症状


17.眉毛の外側が生えづらいと甲状腺機能低下症!?
(予防医療・倉知先生)
甲状腺⇒ホルモンを分泌し代謝を上げる働き
ホルモンの分泌が悪くなると眉毛や髪の毛が薄くなってくる。


18.甲状腺機能低下は心不全の恐れ!?
(予防医療・倉知先生)
甲状腺機能が低下したままだと心臓が悪くなり心不全になる危険性がでてくる。
甲状腺機能低下症を見つけるには、血液検査が有効
異常がある場合は、顔・全身がむくむ等の症状があらわれる


19.何もないが口腔内に違和感がある病気セネストパチー!?
(美肌・森先生)
口が乾く、口がネバネバする、噛み合わせが悪い等の口の中の違和感を訴えて
歯医者さん等を回りに回って精神科に来るという人がいる
これは、口の中は正常なのに違和感を感じるセネストパチーという病気


20.口のしゃもじがハマってる感覚になる人も!?
(美肌・森先生)
セネスパチー患者には、口にしゃもじがハマってると訴える人もいる。

(医療・おおたわ先生)
口の中に虫が這いずり回ってると訴えてくる人もいっぱいいる。
口腔内異常感染症という病名がついており、口の中は正常だが奇妙な異常を感じる


21.口の中の虫がとれたフリをする医師もいる!?
(医療・おおたわ先生)
口の中を覗いて、虫取れましたよと取ったふりをする先生もいる
取ったフリでも患者は安心して症状が治る。


22.台風が近づくと妊婦が続々と産気づき易い!?
(美肌・森先生)
急激な気圧変化で予定日の近い妊婦が急に産気づくことが


23.鉄分や亜鉛不足で口腔内に違和感が出ることも!?
(予防医療・倉知先生)
鉄分不足、ビタミンB12不足、亜鉛不足の場合でも口の中に違和感がでる
精神的セネストパチーでなく微量元素不足が原因のこともある


24.卵子から出るホルモン量で卵子の数の目安が分かる!?
(抗加齢医学・日比野先生)
胎児の時の卵子の数は、600万~700万個と言われている
これが出生時では200万個、35歳では5万個、50歳では1000個に減少する
ホルモン値が1.0以下⇒妊娠しづらい状態の目安に


25.精子は年を重ねても新たに作られる!?
(生物学・池田先生)
卵子は減るばかりで作られる事はないが、精子は年をとっても作られる

(脳科学・澤口先生)
精子に関しては個人差もある
20歳代レベルの良質な精子の人もいれば質が低下する人も
年を重ねても精子は作られるが、必ずしも良質な精子とは限らない


26.新たに卵子が作られる時代が来る可能性アリ!?
(脳科学・澤口先生)
卵母細胞(卵子のもとになる細胞)が見つかった、これは医学会では大事件
今はまだ卵子を増やすのは無理だが、将来増やせるようになるかもしれない。



関連記事
[スポンサーリンク]

Tag:ホンマでっか!?TV 危ない病気の兆候 澤口先生 おおたわ先生 口腔内異常感染症 セネスパチー

0 Comments

Post a comment