カラオケで100点を取る方法 【教えてホンマでっか!?】 - 芸能人の愛用品!お取り寄せ

芸能人の愛用品!お取り寄せ ホーム » テレビ番組の情報>『ホンマでっか!?TV』 » カラオケで100点を取る方法 【教えてホンマでっか!?】

カラオケで100点を取る方法 【教えてホンマでっか!?】

◆2013年12月18日放送「ホンマでっか!?TV」より

今回の教えてホンマでっか!?のテーマは
「カラオケで100点を取る方法」

普段の生活の中にある小さな幸せを評論家の力で実現するコーナー
環境評論家 武田邦彦、発声評論家 弓場徹、音声分析評論家 森勢将雅
3人の先生が科学的に100点を取る方法を分析します。

1.ゲゲゲの鬼太郎のモノマネをしろ!?
(発声・弓場先生)
カラオケで歌う曲の発声音域よりも自分の発声音域が狭い場合が殆ど。
その音域の声を出す為に声帯をコントロールする筋肉が上手く働くかが重要!

近年、ハイトーンの曲を歌う男性歌手が多くなってきた。(尾崎豊あたりから)
男性歌手が裏声を使い始めてから曲の音域が一気に高くなった。
女性歌手の音域は、昔も今も大差はない。


2.音域を広げるには輪状甲状筋を使え!?
(発声・弓場先生)
輪状甲状筋は、喉仏の下あたりにある筋肉。
輪状甲状筋が働くと喉仏にある骨がちょっと傾く、この時に声帯が伸びる。
声帯を伸ばす⇒高音が出やすくなる。
声帯が緩む⇒低音が出やすくなる。
この筋肉を鍛える方法が、ゲゲゲの鬼太郎の目玉おやじのモノマネ


・音域を広げる為の筋肉を鍛える方法
高音を出す練習方法⇒目玉のオヤジのモノマネをする。
低音を出す練習方法⇒鬼太郎のモノマネをする。
「おーい!鬼太郎~」と高音を出し、「なんだい父さん」と低音を出す。


3.消防車のサイレンのモノマネをしろ!?
(発声・弓場先生)
裏声(高音)と表声(低音)の境目にある引っ掛かりを喚声点という。
裏声と表声の行き来をスムーズにする事が重要。
裏声と表声の境目(喚声点)で音程が外れやすい。
消防車のサイレンのモノマネ⇒裏声と表声の行き来が滑らかになる


・裏声と表声の行き来を滑らかにする方法
消防車のサイレンのモノマネをする
ウォーーーー(高音) オォーーーー(低音)を繰り返す。
この練習には即効性があるらしいので
カラオケに向かう車内などで練習すると良いかもしれない。


4.頭や口を大きく動かしてはいけない!?
(発声・弓場先生)
頭を上下に動かす⇒音程が不安定になりやすい
プロの歌手は平気でやっているが、プロだからこそ出来る事。
美空ひばりさんは、口を大きく動かさなかったらしい。


5.マイクは口から約10cm離し立てて持て!?
(音声分析・森勢先生)
カラオケの採点はマイクの振動板が空気の振動を電気的信号に変換し分析
振動板は声だけでなく風にも反応⇒息を吹きかけると減点に

マイクを口より下げ、立てて持つと、息の通り道が出来るので減点が減る。
声は全方向に出ているからマイクを口の下10cm下げても声はきちんと反応する。
この位置なら息が直接かからないので、息ではマイクは反応しない。


6.部屋の端っこで歌え!?
(音声分析・森勢先生)
カラオケで100点を取る為には歌う場所にも注意。
スピーカーから出るカラオケの音楽を入れない工夫が必要となる。


7.スピーカーに背を向け壁を向いて歌え!?
(音声分析・森勢先生)
壁に向かい、スピーカーに背を向けて歌い、余分な音をマイクに入れない。


8.聴いてる人の拍手・歓声は禁止!?
(音声分析・森勢先生)
当然、拍手や歓声が入ると減点に繋がる。


9.熱唱してはいけない!?
(環境・武田先生)
カラオケの点数の測定方法
音程やリズムに合わせ、正確な音程が出ているかを測定している。
このデータ通りに100%歌えれば良いが、歌えば必ず感情がこもる。
感情を込めて歌う⇒求められる音とズレる可能性が


10.童謡の「鳩」を歌え!?
(環境・武田先生)
100点を取る為には選曲も重要、歌いやすい歌を選ばなければいけない。
オススメの歌は、童謡の「鳩」ポッポッポーの鳩の歌、音程が取りやすい。

(音声分析・森勢先生)
長い曲だと減点が蓄積するので、短い曲を選択すると良い


放送の冒頭で言っていた過去の【教えてホンマでっか!?】
カレーうどんのスープを飛ばさずに食べる方法
ハンバーガーをこぼさず食べる方法
関連記事


コメント
非公開コメント