『母親のスゴさ教えます』 2014年5月28日 【ホンマでっか!?TV】の情報

◆2014年5月28日放送「ホンマでっか!?TV」より

イギリス「デイリー・メール」からの情報
母の愛が子を病気から守り効果は中年になっても続く!?
(医療・おおたわ先生)
人の健康は所得と関係があるという事が随分前からデータで出ている
所得が低いほうが、メタボリック症候群の人が多く短命の人が多い
しかし、所得が低い人でも母親の愛情を受けて育ったと答えた人は病気が少なかった
1.収入が低くても母の愛情で中年になっても健康に!?
(医療・おおたわ先生)
ここでいう母親の愛情とは⇒どれだけ自分の問題を理解してくれたか?という事と
必要な時に一緒にいてくれたか?という事


2.母親の愛情=共感&必要な時に一緒にいる事!?
(医療・おおたわ先生)
お父さんの愛情に関しては、まだ研究が少なく遅れている


3.子の根性を育てるには父親の影響が重要!?
(脳科学・澤口先生)
父親が子の根性を育てる⇒子の7歳以降に影響
父がきちんとした規則を教えると、子供の根性が育つ


4.幼少期に受けた母の愛情効果は心理面では一生続く!?
(親子心理・山崎先生)
父親が子供に与える影響は微々たるもの
母親の愛情があってこそ、父親の影響力も大きくなる


5.機嫌が良い母に育てられた子は世の中を楽観的に捉える!?
(親子心理・山崎先生)
子供が一番欲しい母親は、機嫌が良い母親
良い出来事があって機嫌が良い母親を見て育った子は、世の中イイものだなと思う
機嫌の良い母親に育てられた子ほど社会にでた時の適応力が高い


6.「家の太陽は父親」の家庭の子どもは外弁慶!?
(心理・植木先生)


7.「家の太陽は母親」の家庭の子どもは内弁慶!?
(心理・植木先生)
女性は気まぐれの為、仕切り方にもバラつきがでる
母親が仕切る家庭⇒家では元気でわがままな子に


8.「太陽は母親」の家庭の子は精神疾患になりにくい!?
(心理・植木先生)
ストレスの発散が家で出来る⇒精神疾患になりにくい


9.幼少期に塩分多めの食事は将来血圧が下がりにくい!?
(医療・おおたわ先生)
食塩の感受性=塩分摂取でどのぐらい血圧が上がるか?これは幼少期に決まる
そういう子は、大人になって少量の食塩摂取で血圧が上がりやすい体質に


10.母親のつわりは子どもの優れたサイン!?
(美肌・森先生)
妊婦の5人に4人はつわりを経験するが
つわり経験者の子どもは、3歳時・7歳時の知能テストでIQが高い事が分かる


11.母乳は赤ちゃんが飽きないようほのかな甘さに!?
初登場(母乳評論家・大谷元先生)
母乳に含まれる“乳糖”は砂糖の1/6の甘さ
乳児は母乳を一定量飲む必要がある⇒甘過ぎると飲み続けられない


12.赤ちゃんが母乳を飲み続けないよう脂肪濃度が上がる!?
(母乳・大谷先生)
乳児が母乳を飲み続ける⇒母体の母乳量に限界がきてしまう
母乳は、赤ちゃんが飲むのを止めるように満足感を与えるように出来ている
飲み始めの脂肪分は少なめで、段々と脂肪濃度が増えていく


13.母乳で育った子はアレルギー体質になりにくい!?
(母乳・大谷先生)
母乳をよく飲んだほうが、花粉症などのアレルギー体質になりにくい


14.母乳を与え続けた母親は乳がん&子宮がんのリスク減少!?
(医療・おおたわ先生)
完全母乳のみ・完全母乳&人工乳・人工乳のみの3タイプの母親を比べると
完全母乳で育てた人は、乳がん&子宮がんのリスクが低い
授乳による母親のホルモンバランスの変化が好影響を与えていると考えられている

(生物学・池田先生)
母乳中には悪い物質が含まれることもある⇒母乳は出した方が良い
乳児が飲んだとしても体内には吸収されず排出されるので問題ない


15.母乳を与え続けた母親は認知症になりにくい!?
(脳科学・澤口先生)
母乳で育てた母親は認知症になりにくいというデータがある
母乳から約700種類の最近が赤ちゃんに行く
腸内細菌が少ない子ども⇒問題行動を起こす可能性 そういう点からも母乳は良い


16.母親は子どもと世界をつなげるパイプ役!?
(親子心理・山崎先生)
母性の本体は、地球や宇宙にあり、母親が母性の本体ではない。
子どもに世界の事を教える事で子どもと世界が繋がっていく


17.出産で命がけの母親に愛情を届ける役目は夫!?
(親子心理・山崎先生)
母親は命がけで出産をする、その母親に愛情を届けるのが夫
そうすると母親を通じて父親の愛が子どもへ通じる


18.赤ちゃんの夜泣きは母親が子作りをするのを阻止する為!?
(生物学・池田先生)
最新の研究では、赤ちゃんの夜泣きは次の子を作らせない為と言われている
赤ちゃんは、自分の生存率を高める為、母親の愛を独り占めしたい


19.母は赤ちゃんの笑顔に満足しその他を求めなくなる!?
(脳科学・澤口先生)
子作りや買い物・オシャレの欲求までもが小さくなる


20.出産後3分間へその緒をつけたままで赤ちゃんが健康に!?
(美肌・森先生)
へその緒を切る時間を長くする⇒その分血液が多く新生児に(体重増加・貧血予防)


21.人はいくつもの呼ばれ方で役割が増え幸福を感じる!?
(心理・植木先生)
子どもを産んだ妻に対して「お母さん(ママ)」と呼ぶのは日本人だけ
夫や子ども達に「お母さん」と呼ばれることは、本当はツライ事
色々な人から1つの呼び名だけ⇒ストレスがかかり辛い思いをする


22.母達がカウンセリングに来る理由の1つは名前で呼ばれるから!?
(親子心理・山崎先生)
家で「お母さん」としか呼ばれない為、名前で呼ばれる事に喜びを感じる
子どもがいても夫婦間は名前で呼び合ったほうが良い


関連記事
[スポンサーリンク]

Tag:ホンマでっか!?TV 母親のスゴさ教えます 育児 子育て 母乳

0 Comments

Post a comment