【ホンマでっか!?人生相談】 草彅剛:人を愛すことができない

◆2014年7月2日放送「ホンマでっか!?TV」より

この日の番組前半「ホンマでっか!?人生相談」で語られた情報です。
相談はは、SMAP 草彅剛さん
国民的アイドルの衝撃的な悩みとは!?

草彅剛の悩み
「人を愛すことができない」

今年で40歳になる、もしかしたら本当に人(女性)を愛すことができないんじゃないか
と、考えるようになってきている、35歳頃は結婚はないなと思っていたが
40歳手前になるとリアルに結婚を考えるようになってきた・・
(心理・植木先生)
心療内科に草彅さんのような方が来られたら心が老化してるんだなと思います。
少年時代や青年時代は、好きな物は好き!とそんな色々な事は考えもしない
人は、心が老化し始めると物事に理屈をつけようとする
40歳は、これで良いんだろうかと考え始める1つの分岐点
恋愛をすれば⇒一気に心が若返る可能性がある

Q.女性に惚れたことはあるのか?
草彅:もちろん女性を好きになったことは何度もある。
でも、自分はタレントで、もしこの人と付き合ったらどう見られるのか?と考えてしまう
そう思うこと自体、本当に愛してないんじゃないかと考えてしまう

(生物学・池田先生)
人を愛するのは脳の扁桃体が関係している
扁桃体が活性化・機能できない⇒人を愛することが出来ない事も

(脳科学・澤口先生)
自己愛性パーソナリティ障害⇒いわゆるナルシシストに近いのではないか
自分を好きな人は、自分と似た人を好きになる
愛する⇒リソースの配分⇒相手にお金や時間をどれだけ割くか
その人に多くの時間とお金を使っていれば定義上は愛している事になる
多く投資する事によって、その相手を好きになる可能性が

(脳科学・澤口先生)
ジーパンが好きというのが関係しているのかもしれない
ジーパンを好む人は落ち込んでいる傾向がある
孤独な自分が好き⇒ナルシシストの1つの特徴

(心理・植木先生)
ナルシシズムは芸術的な仕事には必要な資質の1つ
【心理学の大前提】
先にあるのは、愛なのか、行動なのか
愛しているから家族を持つのか、家族を持ったから愛が生まれるのか
愛とは、後から生まれるもの
結婚して家族を持てば自然と愛する気持ちも生まれる
愛情は行動で増減したり変化したりする流動的なもの

(心理・植木先生)
少し似ている人を選ぶと良いと言われている(類似婚)
社会的ステータスや知性が似ている同士は上手くいく傾向が

(脳科学・澤口先生)
脳科学的に言えば、ステータスが似ている=価値観が似ている
アメリカでは応援する政党が一致していると恋愛が長続きしやすいというデータも

(心理・植木先生)
好きなものが合う⇒共感 これも価値観に含まれる
嫌いなものが合う⇒好きなものが合う場合の何倍も良い
映画などを見ていて泣くところが一緒だとさらに良い
感動したり好き嫌いが一致する相手と恋愛すると良い
価値観の合う人と結婚⇒後から愛する気持ちが生まれてくる


(脳科学・澤口先生)
脳の扁桃体は悲しみに関係する⇒悲しみが同じ相手は良い
ひと目惚れは別の活動⇒身体的魅力を基に判断している
男性も子どもができると脳が変化⇒愛する気持ちが生まれる

さんま:後からついてくると思ってたのが間違いの場合もある?
(脳科学・澤口先生)
もちろん間違いの場合もある
約4ヶ月時点での満足度⇒その後の関係を予測する傾向が
約4ヶ月時点での満足度が高ければ長続きしやすい傾向
4ヶ月くらい付き合って合わないなと思ったら即別れて、別の人を探したほうが良い
結婚した人の調査なので4ヶ月同棲すると分かる!?

(統合医療・亀井先生)
酸っぱい物が好き⇒漢方でいう肝が弱い人が多い
酸っぱい物を食べる事で消化が順調になり恋愛も上手くいく傾向が

(経済・門倉先生)
悪臭を嗅いだ人は哀れみの感情がわき優しい気持ちになる

(脳科学・澤口先生)
門倉先生のフォロー、男性はみすぼらしい女性にお金を使い好きになる傾向がある

(環境・武田先生)
男性は欠点のある女性を見ると改善したいと思う傾向がある

関連記事
[スポンサーリンク]

Tag:ホンマでっか!?TV ホンマでっか!?人生相談 草彅剛 人を愛すことが出来ない

0 Comments

Post a comment