【ホンマでっか!?人生相談】 相談者:東尾修&理子 親子

◆2010.11.3放送「ホンマでっか!?TV」より

この日のホンマでっか!?TVは、前半は美容&ダイエットに関する情報
後半は、ホンマでっか!?人生相談、東尾 修&理子 親子でした。

前半はコチラ⇒【ホンマでっか!?TV】 美容&ダイエットSPのほんまでっか?情報

番組後半は「ホンマでっか!?人生相談」
相談者は、俳優 石田純一さんと結婚したばかりのプロゴルファー東尾理子さん
その父で、元プロ野球選手・監督 東尾修さんの2人でした。
東尾理子の悩み
「一度 苦手と思った人を好きになれない」


嫌いな人を苦手に思うのは普通、なぜ好きになろうとするのか?

理子さんは、嘘つかれたりした自分の苦手な人は避けて通る人生を歩んできた
ところが主人(石田純一)は、嫌な事をされても良い所を見つけて付き合っていくタイプ
もし理子さんがその人の事を嫌になって避けてしまったら
石田さんの交友範囲まで狭めてしまうんではないかと心配している

(医療・おおたわ先生)
石田さんのペースに合わせるのが窮屈、ちょっとずつ我慢してるのであれば
理子さんは、円形脱毛症になってしまう可能性がある。
人間は、慢性的な我慢を続けると円形脱毛症になる可能性がある

(科学・池田先生)
夫に対して少しでも我を通すと少し心が落ち着き、嫌なことも我慢できる

(経済・門倉先生)
(理子さんは、嘘をつく人・嘘を認めない人が大嫌い)
アメリカのバージニア大学が学生がどれくらい嘘をついているのか調査したところ
嘘をつく頻度は、母親に対して⇒48%、他人に対して⇒77%、友人に対して⇒28%
「人は皆 嘘をつく」と思えば、嘘をつかれても気にならない

(教育・尾木先生)
嘘を認めない人が嫌いと言っているが、それは嘘を突き通しているのでなく
嘘を付いている本人に自覚がない時がある
真実は1つだと思うと精神的に追い込まれてくる

(流通・金子先生)
石田純一さんが優しすぎる事が異常なので合わせる必要はない。
悪い人が夫に寄りつかないように、今以上に厳しい目で見た方が良い


東尾 修の悩み
「孫を溺愛しすぎた時、教育上問題ないか不安」


(科学・池田先生)
子どもの教育は親の責任、祖父母は勝手に甘やかして良い
赤ちゃんは父親を認識出来ない。母親は認識出来る。
東尾さんがあまりでしゃばると、東尾さんを父親と思ってしまう可能性はある

(教育・尾木先生)
無条件の愛を注ぐのが祖父母の役割
親をさし置いて孫をコントロールすると殺人事件へと発展するケースも
祖父母が孫をコントロールしようと思うのは絶対にダメ

(環境・武田先生)
子どもに伝わる遺伝子⇒50% 孫に伝わる遺伝子⇒25%
遺伝的に祖父母と孫は感覚が似やすい⇒教育すると悪影響を及ぼす可能性がある
スポーツなどの能力は隔世遺伝しやすい

(科学・池田先生)
遺伝子というのは組み合わせだから、この組み合わせは生まれないと分からない
孫に「運動神経がある」と思い込んで、教育するのは良くない

(医療・おおたわ先生)
40歳を過ぎてから初産を経験した女性は、100歳以上の長生きをする確率が高い
妊娠・出産を経験する事で老化を防ぐ・若返るという可能性

(科学・池田先生)
乳児には必ず母乳をあげた方が良い→乳ガンを防ぐ可能性
関連記事
[スポンサーリンク]

Tag:ホンマでっか!?TV ホンマでっか!?人生相談 東尾修 東尾理子

0 Comments

Post a comment